ドラマ&映画 カテゴリ

【映画動員ランキング】山ブームが後押し『岳-ガク-』公開2日で20万人を動員

 ゴールデンウィーク終盤の7日(土)に全国315スクリーンで公開された映画『岳-ガク-』(片山修監督)が、8日(日)までの2日間で動員20万8416人、興行収入2億6465万6200円を上げた。興行通信社による全国映画動員ランキングでも初登場1位を獲得した。

 映画『岳-ガク-』は、石塚真一の人気同名コミックを小栗旬長澤まさみの共演で映画化。山をこよなく愛する山岳救助ボランティアの島崎三歩(小栗)ら山岳救助に携わる人々と、登山者たちとの温かい交流を軸に、時として牙をむく山の厳しさを描く。

 パソコンと携帯を使ったWEB初日アンケート(配給の東宝調べ)によると、客層は男女比50%:50%で、年齡別では20代が最も多く26.4%、次いで40代20.9%、50代18.4%、30代17.3%、16歳以下13.7%となり、若者から登山ブームを支える中高年世代まで、幅広く支持されていることがうかがえる。

 「鑑賞動機」については「感動できそうだったから」17.5%、「山を題材にした映画が好きだから」16.2%、「原作コミックが好きだから」16.1%、「壮大な映像が期待できそうだから」14.4%など。原作コミックを「読んだことがある」と答えた人は約4割だった。鑑賞後の「満足度」は、「非常によかった」「よかった」を合わせて93.9%に上り、同社は「口コミ効果による客層のひろがりが期待できる」として興収20億円超を狙っている。

◆映画動員ランキング(5月7日〜8日集計)

 興行通信社による5月7日〜8日の全国映画動員ランキングは、『岳-ガク-』が初登場1位を獲得。2位は累計で動員200万人、興収25億円を突破した『名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)』(4週目)。3位は累計で動員150万人、興収20億円突破の『GANTZ PERFECT ANSWER』(3週目)。4位は前週初登場5位の『八日目の蝉』(2週目)がワンランクアップ。5位は『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦』(4週目)。トップ5を邦画が独占する結果となった。

 新作ではリーアム・ニーソン主演『アンノウン』が8位にランクイン。洋画では10位に本年度のアカデミー賞作品賞ほかを受賞した『英国王のスピーチ』(11週目)が息の長いヒットを続けている。

⇒ 【フォトギャラリー】絶体絶命の衝撃シーン… 映画の場面カット一覧

◆映画ニュース 最新情報インタビュー

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索