• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • サンド富澤が懇願「一人でも多くの場所と人の名前を放送して」

サンド富澤が懇願「一人でも多くの場所と人の名前を放送して」

 宮城県出身で、仕事先の気仙沼で被災したお笑いコンビ・サンドウィッチマンが、公式ブログで東北地方太平洋沖地震について被災地の状況を連日報告している。14日午後1時4分付には富澤たけしが『知りたいこと』のタイトルで更新し、「現地の人や知り合いが欲しい情報はまず各地の人の安否です。大切な人が無事かどうかなんです。どうか一人でも多くの場所と人の名前を放送して下さい」と、現地の声を訴えている。

 サンドウィッチマンの二人は現地から約10時間かけ前日夜に帰京。富澤は「僕らは車で昨夜遅くに東京に戻ることができました。こんな状況下で身内や友人のいる地元を離れなければならないのは本当につらいです」と沈痛な心境を語り、相方・伊達みきおも同日午後1時8分付の更新で、「東京で、被災した当事者として我々が出来る限りの活動をしたいと思います。メディアに対し、ありのままを伝える役割をします。このブログに寄せられたコメントを生かし、全国に伝える役割をします。それが僕らの出来る事だと決断しました」と強い責任感と決意を綴っている。

 富澤も「国内各地や国外からの助けも来てくれていて非常にありがたい気持ちでいっぱいです」と感謝の言葉を綴り、現地の情報を伝えようと不眠不休で駆け回るメディアスタッフに「本当にありがとうございます」と述べた上で、「どうか一人でも多くの場所と人の名前を放送して下さい」と懇願。大切な人の安否こそが最も知りたい情報であることを改めて強く訴えている。

オリコントピックス

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索