• ホーム
  • 映画
  • オリラジ、初の映画主演に感謝! “修行”した津軽そば作りを披露

オリラジ、初の映画主演に感謝! “修行”した津軽そば作りを披露

 お笑いコンビ・オリエンタルラジオ藤森慎吾中田敦彦)の初主演映画『津軽百年食堂』の完成披露試写会が4日、都内で行われた。舞台あいさつに登壇した藤森は「(オファー時は)正直ニヤケてしまいました。一生に一度できるかできないかだったので、いい経験をさせて頂きました」と感謝。また撮影のために“修行”したという津軽そば作りを中田とともに「津軽そば一丁!」と披露してみせ、会場をわかせた。

 作家・森沢明夫氏の同名小説を映画化した同作。JR東日本の新幹線・新青森駅が開通し注目の集まる青森を舞台に、百年の刻を超えて一家に受け継がれていく“心”を描く。初代津軽そばの店を出した賢治(中田)の人生を回想しながら、賢治のひ孫にあたる若者・陽一(藤森)が、さまざまな葛藤を乗り越え、百年続いた食堂を受け継ぐ重みを受けいれて4代目となるまでの物語が繰り広げられる。

 中田は「監督から“顔が非常に明治っぽい”と褒められた。昭和な顔立ちはよくあっても“明治”はないので、自分の新しい才能に気づかせてもらいました」と充実の表情を浮かべ、2人を主演に抜てきした大森一樹監督は「撮影初日から、こいつらやるなと思ってそのままこられた。これがオリラジか!という、思わぬいい芝居をやっていますので、ぜひ御覧ください」と太鼓判。ヒロインの七海を演じた女優の福田沙紀は「観た人たちが温かく、心に沁みて帰られると思う。楽しんでください」と集まった観客にメッセージを送った。

 舞台あいさつにはほかに前田倫良、原作者の森沢氏も出席。映画『津軽百年食堂』は、4月2日(土)より全国順次ロードショー。

⇒ 【予告編】オリラジ2人の“津軽弁”が解禁!

◆映画ニュース 最新情報インタビュー




【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 映画『津軽百年食堂』の完成披露試写会の舞台あいさつで津軽そば作りをお披露目したオリエンタルラジオ(左から中田敦彦、藤森慎吾) 
  • 映画『津軽百年食堂』の完成披露試写会の舞台あいさつに登壇した(左から)前田倫良、福田沙紀、オリエンタルラジオ(左から中田敦彦、藤森慎吾)、大森一樹監督、原作の森沢明夫氏 
  • 映画『津軽百年食堂』の完成披露試写会の舞台あいさつで津軽そば作りをお披露目したオリエンタルラジオ(左から藤森慎吾、監督の大森一樹氏、中田敦彦) 
  • 映画『津軽百年食堂』の完成披露試写会の舞台あいさつで津軽そば作りをお披露目したオリエンタルラジオ(左から藤森慎吾、中田敦彦) 
  • 映画『津軽百年食堂』の完成披露試写会の舞台あいさつに登壇したオリエンタルラジオ・中田敦彦 
  • 映画『津軽百年食堂』の完成披露試写会の舞台あいさつに登壇したオリエンタルラジオ・藤森慎吾 
  • 映画『津軽百年食堂』の完成披露試写会の舞台あいさつに登壇した福田沙紀 
  • 映画『津軽百年食堂』の完成披露試写会の舞台あいさつに登壇した前田倫良 

オリコントピックス