グラミー賞、B’z松本ら日本人4人が受賞

 米音楽業界最大の祭典『第53回グラミー賞』授賞式が米ロサンゼルスで14日(現地時間13日)に行われ、日本人アーティスト3人が相次いで受賞した。過去、4人しか手にしていない日本人の受賞者誕生は、2008年の太鼓奏者・中村浩二以来、3年ぶりとなった。

 今回、米ギタリスト、ラリー・カールトンとの共作『テイク・ユア・ピック』で最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム賞を受賞した人気ロックバンド・B’z松本孝弘は「グラミーは僕自身の長年の目標であり、憧れ続けてきた夢でした。それが今、正に現実のものとなりました」と感慨深げ。

 ポップス部門では日本人初受賞となり「ラリーさんはもちろん、このアルバムをサポートしてくれた全てのスタッフ、そしてリスナーの皆さんに心から感謝いたします。これに甘んじることなく、明日からまた新たな音楽創りに精進していきたいと思います」とファンに力強いメッセージを送った。

 また、『モーツァルト ピアノ協奏曲第23番・第24番』で最優秀インストゥルメンタル・ソリスト・パフォーマンス賞を受賞したピアニストの内田光子は「大変嬉しく思っております。なぜなら、クリーヴランド管弦楽団とのモーツァルト・シリーズの最初の録音に対して(の賞)だからです。彼らと長く一緒に仕事をしてきましたので、この受賞は私にとって特別な喜びです」とコメント。

 さらには、琴演奏家の松山夕貴子が参加したポール・ウィンター・コンソートの作品が最優秀ニューエイジ・アルバム賞を、ジャズピアニストの上原ひろみが参加したアルバム『スタンリー・クラーク・バンド』も最優秀コンテンポラリー・ジャズ・アルバム賞を受賞した。

 過去にグラミー賞を手にした日本人は、1987年にグラフィック・デザイナーの石岡瑛子(最優秀アルバム・パッケージ賞)、1989年に音楽家・坂本龍一(最優秀映画/音楽アルバム賞)、2001年にシンセサイザー奏者・喜多郎(最優秀ニューエイジ・アルバム賞)、2008年に太鼓奏者・中村浩二(最優秀ニューエイジ・アルバム賞)の4人だった。

関連写真

  • グラミー賞を受賞した松本孝弘 
  • ピアニスト・内田光子も受賞 (C)Decca/Marco Borggreve 
  • ジャズ・ピアニストの上原ひろみ 
タグ

オリコントピックス

メニューを閉じる