アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 薬師丸ひろ子、22年ぶり主演映画主題歌を公開レコーディング

薬師丸ひろ子、22年ぶり主演映画主題歌を公開レコーディング

 来年歌手デビュー30周年を迎える女優・薬師丸ひろ子が13日、主演映画『わさお』(錦織良成監督、来年3月5日公開)の主題歌に起用された新曲「僕の宝物」の公開レコーディングを都内スタジオで行った。薬師丸が主演映画の主題歌を担当するのは1989年公開の映画『READY!LADY!』の「Windy Boy」以来、22年ぶり。デビューシングルである同名映画の主題歌「セーラー服と機関銃」から9曲(作品)目を数える。

 シングル曲の発売も「Love holic」(2000年2月発売)以来、11年ぶり。久しぶりのレコーディングは「やさしいメロディにやさしい言葉を乗せて歌うのは想像以上に難しかった」というが、報道陣の前で堂々と歌い上げると「振りも何もなくてすみません」とニッコリ。透明感のある歌声は健在だった。

 これまで映画主題歌の依頼があっても、「この作品には私の歌じゃないほうがいい」と断ったこともあったといい、今回久しぶりに引き受けたのには、同映画の主人公でもある秋田のブサかわ犬・わさおの存在が大きかった。「わさおは何もしゃべりませんが、私たちがわさおに抱いた思い、わさおはこんなことを感じてくれているんじゃないかと思ったことを誰かが代弁して、映画の最後に(歌で)伝えられたら素敵。(スタッフ・キャストの)みなさんに歌っていいと言われましたので、私が歌わせてもらいました」と話した。

 プライベートでも犬を飼っている薬師丸は、愛犬の話を交えながら、わさおとの撮影中のエピソードを語り、「台本にもないことでも奇跡的にうまくシーンにはまったり、台本をすごく読み込んでいるんじゃないかと思うような動きをしたり。わさおは頭がすごくよくて、私たちが何をしているか、何を求めているか、そういうのを理解し始めていた」とベタ褒めしていた。

 映画『わさお』の主題歌「僕の宝物」は、来年3月2日(水)発売。きょう14日よりレコチョク(R)ほか、主要配信サイトにて着うたを先行配信する。

◆関連ニュース一覧 最新映画ニュース映画インタビュー



オリコントピックス