アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 加藤浩次が映画『ドラえもん』に悪役で声優出演! 「最低最悪な悪役にしたい」

加藤浩次が映画『ドラえもん』に悪役で声優出演! 「最低最悪な悪役にしたい」

 お笑いタレントの加藤浩次が『映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 〜はばたけ 天使たち〜』でゲスト声優を務めることが7日、わかった。加藤が演じるのはドラえもんたちの敵役となるロボット軍団の総司令官。今年30周年を迎え、シリーズ累計動員数が9000万人を突破するなど勢いに乗る『映画ドラえもん』で悪役を演じる加藤は、このほどアフレコに臨み、「嬉しかったですね、ホントに。ドラえもんの映画史上、最低最悪な悪役にしたいですね。キャラクターに合っているように、皆さんが喜んでもらえるように頑張りたいと思います」と意気込む。

 1980年公開の『映画ドラえもん のび太の恐竜』から始まった『映画ドラえもん』シリーズは、世代を超えて愛され、今年で記念すべき30周年を迎えた国民的アニメ映画。今作は1986年に公開され、今なおファンから絶大な支持を集める『のび太と鉄人兵団』が生まれ変わり、シリーズ31作目、2011年の新作として登場する。

 物語はある日のび太が見つけて持ち帰った謎の球体がキッカケとなりスタート。ロボットの星・メカトピアから送り込まれた巨大ロボット・ザンダクロスと謎の女の子・リルルたちを相手に、のび太とドラえもんたちが地球人を奴隷にしようと企むロボット軍団から地球を救うべく闘う様子を描く。敵の総司令官に“抜擢”された加藤は「『俺でいいの?』って感じだったんですけど、ロボット兵団の総司令官という事で『あっ、それだったらわかるわ』って」と納得の表情を浮かべて笑わせた。

 また同局屈指の“ドラえもん好き”アナウンサー・渡辺宜嗣アナ、角澤照治アナ、大下容子アナ、小木逸平アナ、前田有紀アナ、竹内由恵アナ、菅原知弘アナの7名が同作をサポートする“鉄人 ドラアナ団”を結成。男性アナ4人はロボット役として声優にも挑戦し、映画を盛り上げていく。

 『映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 〜はばたけ 天使たち〜』は2011年3月5日(土)より全国で公開。



関連写真

  • ドラえもん史上“最低最悪の悪役”を目指しアフレコに臨む加藤浩次 
  • テレ朝人気アナ7名が“鉄人ドラアナ団”を結成! 

オリコントピックス