アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 『ヤングシナリオ大賞』発表 大賞作は田中圭ら出演で12月にドラマ化

『ヤングシナリオ大賞』発表 大賞作は田中圭ら出演で12月にドラマ化

 野島伸司氏ら人気脚本家を輩出してきた『第22回フジテレビ ヤングシナリオ大賞』の発表記者会見が18日、東京・台場のフジテレビで行われた。大賞受賞作品に選ばれたのは野木亜紀子さん(36)の『さよならロビンソンクルーソー』。同作は俳優・田中圭蓮佛美沙子綾野剛菊地凛子出演のもと映像化され、12月29日に同局ほかにて放送される。

 脚本家の新しい才能を発掘することを目的とした同賞は、“自称35歳以下”でプロの脚本家を目指す人なら誰でも応募ができ、今回は14歳から98歳まで全2286編の作品が集まった。大賞1編のほか、小山悦子さん(36)の『心臓部まで道連れ』、荻田美加さんの『ギネスにかんぱい!』(27)、松浦真史さん(43)の『対策室 〜アンダーサバイバル〜』の3編が佳作に選ばれた。

 大賞受賞作『さよなら〜』は、借金を背負う彼女に貢ぐ清掃員、夢を追う貧乏ミュージシャンに貢ぐ看護師という2組のカップルに焦点をあてたラブストーリー。野木さんは受賞について「運がよかった。まったく予想しておらず、『本気ですか?』と聞いてしまった。今も実はあまり実感がない」と語るとともに、「この運を生かすも殺すも自分次第。今後、作品って形で恩返しできたら」と気持ちを新たにしていた。

◆関連ニュース一覧 ドラマフジテレビ



【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 『第22回フジテレビ ヤングシナリオ大賞』の大賞に選ばれた野木亜紀子さん (C)ORICON DD inc. 
  • 『第22回フジテレビ ヤングシナリオ大賞』大賞を受賞した野木亜紀子さん(右から2番目)と佳作の(左から)小山悦子さん、荻田美加さん、松浦真史さん (C)ORICON DD inc. 
  • 『第22回フジテレビ ヤングシナリオ大賞』大賞を受賞した野木亜紀子さん(右から2番目)と佳作の(左から)小山悦子さん、荻田美加さん、松浦真史さん (C)ORICON DD inc. 

オリコントピックス