アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 渋谷109前に“のぞき穴”付き工事現場出現、覗いた人数が2万人突破

渋谷109前に“のぞき穴”付き工事現場出現、覗いた人数が2万人突破

 人気グループ二宮和也主演のドラマ『フリーター、家を買う。』(フジテレビ系)のPR企画として、9日(土)から13日(水)の5日間にわたり、東京・渋谷のファッションビル・SHIBUYA109の前に、同ドラマのキーワードである“工事現場”を登場させた。番組映像や、土木作業員姿の二宮による約30秒のコメント映像も再生される覗き穴が設置され、覗いた人が連休の3日間で約2万人となった。

 大学卒業後、新卒で一般企業に就職するもわずか3ヶ月で会社を辞めた主人公は、フリーター生活を送る日々。ある日突然、母親がうつ病に罹ったことを知り、そこから家族の繋がりを見直し、社会復帰を目指す社会派ホームドラマといえる同作。ストーリーの中で、工事現場は1つのキーワードといえる。

 同イベントを開催するにあたり「SHIBUYA109というティーンエイジャーのトレンド・センターに工事(現場の)囲いという、あまりに男くさいスペースが出現する前代未聞のイベント。間違いなく、女の子たちの度肝を抜き、話題になります!」と担当者が語っていた通り、予想を上回る来訪者の数。雨天の中でも、傘をさしながら覗き穴を覗く女性の姿が多数みられた。

 今回のイベントは今月13日(水)の後7時まで。連日朝10時から開催されている。ドラマ『フリーター、家を買う。』は19日(火)、後9時スタート。出演は二宮のほか、土木現場で出会うヒロインに香里奈、母親役に連ドラ出演14年ぶりとなる浅野温子、父親には竹中直人など個性あふれる面々が揃っている。



オリコントピックス