ドラマ&映画 カテゴリ

嵐・二宮主演の逆転大奥、週末3日間で40万人を動員

■その他の写真はこちら

 1日(金)より全国で公開された二宮和也主演映画『大奥』(金子文紀監督)が、初日3日間に40万人を動員し、興行収入4.7億円の好スタートを切ったことが4日、わかった。よしながふみの同名人気コミックを原作に、男女の役割が逆転した江戸時代の大奥を描いた異色の時代劇。二宮をはじめ、大倉忠義関ジャニ∞)、中村蒼玉木宏佐々木蔵之介ら大奥に仕える男たちの愛憎劇が繰り広げられ、“ラブシーン”も頻出することで話題を呼んでいる。

 初日の1日は映画サービスデー、また東京都内では都民の日ということもあり、キャストのファンを中心に幅広い年齢層の女性客が劇場に殺到。全国で17万人を動員するなど絶好のスタートとなった。翌2日には、東京・丸の内ピカデリーで満員御礼の中、キャストによる舞台あいさつが行われ、さっそく5円玉入り大入り袋が観客約1600人に配られた。配給側は、「興行成績30億円も見込める大ヒットスタート」としている。



オリコントピックス

メニューを閉じる