• ホーム
  • スポーツ
  • 日本サッカーに「名蹴会」発足 金田喜稔会長「選手、指導者らの目標、模範に」

日本サッカーに「名蹴会」発足 金田喜稔会長「選手、指導者らの目標、模範に」

■その他の写真ニュースはこちら

 日本サッカー界の普及・振興などを目的とした『日本サッカー名蹴会』の発足会見が27日、都内で行われた。現在、プロ野球界では大記録を達成した選手を対象にした“名球会”が存在するが、これに相当する組織をサッカー界でも設立し現在、24名が参加の意思表示をしているという。金田喜稔会長は「選手、指導者らに目標、模範としてもらえるような活動をしたい」とあいさつ。写真撮影ではさっそく、特製のユニフォームを披露し「(現役選手の)入会時には、ユニフォーム贈呈式も考えています」と意欲的に話した。

 新組織は、社団法人として日本青年会議所が運営に協力。活動内容は、社会貢献として全国各地で技術向上のためのサッカークリニックを開催するなどし、講演や指導者が不足している地域へ現役選手・OBの紹介を行う。運営費用は、スポンサー収入を基に考えているという。会員資格は、3つの条件(日本代表として国際Aマッチ50試合以上出場、Jリーグ発足前の日本リーグに200試合以上出場、Jリーグと海外1部リーグ=FIFAランキング50位以内=の出場数の合計が400試合以上)のいずれかに当てはまる場合となる。

 金田会長は「(先輩からの)教えを伝える環境があればいいと思った。指導者の刺激にもなればいいし、場合によっては(クリニックの)参加選手の父母たちと居酒屋でサッカー談義を交わしたい」と、幅広い活動内容を示唆。現在、有資格者58名のうち中山雅史(コンサドーレ札幌)、藤田俊哉(ロアッソ熊本)ら現役組をはじめ、ラモス瑠偉、北澤豪、相馬直樹、名波浩らOBも参加表明をしているが「強制的に参加させることは、なかなか出来ない。でも、お誘いして何とか同じ輪で、サッカー界を盛り上げていきたい!」と真剣な眼差しで呼びかけていた。

 このほか、発足会見には名誉会長の森孝慈氏、副会長の都並敏史氏、メディア広報部長の堀池巧氏も参加した。



【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 日本サッカー名蹴会発足記者発表会に出席した(左から)森幸慈氏、金田喜稔氏、都並敏史氏、堀池巧氏 (C)ORICON DD inc. 
  • 日本サッカー名蹴会発足記者発表会に出席した(左から)堀池巧氏、都並敏史氏、森幸慈氏、金田喜稔氏 (C)ORICON DD inc. 
  • 日本サッカー名蹴会発足記者発表会でお披露目されたユニフォーム (C)ORICON DD inc. 
  • 日本サッカー名蹴会発足記者発表会に出席した金田喜稔氏 (C)ORICON DD inc. 
  • 日本サッカー名蹴会発足記者発表会に出席した森幸慈氏 (C)ORICON DD inc. 
  • 日本サッカー名蹴会発足記者発表会に出席した都並敏史氏 (C)ORICON DD inc. 
  • 日本サッカー名蹴会発足記者発表会に出席した堀池巧氏 (C)ORICON DD inc. 
タグ

オリコントピックス