ドラマ&映画 カテゴリ

6代目格さん的場浩司、「この印籠が…」に感激 新黄門様御一行勢揃い

■その他の写真ニュースはこちら

 TBS系ドラマ『水戸黄門 第42部』の制作発表会見が13日、東京・赤坂の同局で行われ、水戸光圀役の俳優・里見浩太朗をはじめ6代目「助さん」佐々木助三郎役の東幹久、同「格さん」渥美格之進役の的場浩司、新メンバー・楓役の雛形あきこらが出席した。東と的場は「子供の頃から観ていたヒーローを自分が演じるなんて」と感激。さらに的場は、印籠を取り出し「この印籠が目に入らぬか」と決める見せ場について「芝居してるときは感じなかったけど、終わってから『あ、俺言っちゃったな』って嬉しかった」と興奮まじりに振り返った。

 第42部では水戸老公が、病気がちな自身の長男が治める高松藩で起こった世継ぎ争いを案じ、仲間らとともに高松を目指す旅の様子を描く。第1話では助さん格さんとの出会いや楓の登場エピソード、レギュラーを卒業した由美かおる演じるお絹の結婚など、役柄のキャラクターを重視した今までにない視点で綴られる。また最終回となる第16話ではシリーズ放送1200回に達し、5代目となるナレーターは槇大輔が務める。

 一行は東京では初となる役衣装姿でそろい踏みし、おなじみの殺陣のシーンでは新キャスト3人の立ち回りを老公自ら「3人とも苦労して頑張っているけど、まだまだできてない。でも一生懸命やっていて、そのうち自分でわかって『どうだ俺、かっこいいだろう』って立ち回りができると思う」と愛のあるダメ出しで今後の成長に期待を込めた。その一方、新たな助さん格さんの印象を「躍動的な大人の血のニオイを感じる。老公としては、この2人にならこの身をあずけても安心だって思える。芝居の中だけですけど」と笑いを誘っていた。

 会見にはほかに林家三平内藤剛志が出席。ドラマ『水戸黄門 第42部』はTBS系にて10月11日(祝・月)午後7時より放送開始。初回は2時間スペシャル。

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • TBS系ドラマ『水戸黄門 第42部』の制作発表会見に出席した(左から)内藤剛志、東幹久、里見浩太朗、的場浩司、雛形あきこ、林家三平 
  • TBS系ドラマ『水戸黄門 第42部』の制作発表会見に出席した的場浩司 
  • TBS系ドラマ『水戸黄門 第42部』の制作発表会見に出席した里見浩太朗 
  • TBS系ドラマ『水戸黄門 第42部』の制作発表会見に出席した東幹久 
  • TBS系ドラマ『水戸黄門 第42部』の制作発表会見に出席した雛形あきこ 
  • TBS系ドラマ『水戸黄門 第42部』の制作発表会見に出席した内藤剛志 
  • TBS系ドラマ『水戸黄門 第42部』の制作発表会見に出席した林家三平 
タグ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索