• ホーム
  • 芸能
  • 深津絵里快挙の映画『悪人』 公開間近で文庫部門初の上下巻TOP10入り

深津絵里快挙の映画『悪人』 公開間近で文庫部門初の上下巻TOP10入り

【ランキング表】
BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

 俳優・妻夫木聡主演映画『悪人』(11日公開)の原作文庫本上下巻が、最新9/13付オリコン“本”ランキング(集計期間:8月30日〜9月5日)で文庫部門7位(上巻)と9位(下巻)にランクインし、2冊そろって初めてTOP10入りした。劇場公開を間近に控え、同作への注目度が高まるなか、次回集計分にあたる日本時間7日には映画のヒロイン・深津絵里が『第34回モントリオール世界映画祭』で最優秀女優賞を受賞したことから、次週以降さらなる売上が期待される。

 2009年11月6日に同時発売された2冊の初登場は、2009/11/16付での『〜上巻』30位と『〜下巻』41位。その後、今年2月に100位圏外となっていたが、6月下旬頃から映画の完成報告などでメディアに取り上げられ、7/5付で再びTOP100位内に返り咲き。じわじわと順位を上げ、今週ついに2冊そろってのTOP10入りとなった。

 『悪人』は、芥川賞作家・吉田修一氏の傑作小説。殺人を犯した主人公・清水祐一が、ヒロイン馬込光代と出会い、逃避行に及ぶ。2人が刹那的な愛に身を焦がす一方で、事件をめぐり加害者と被害者、残された家族の揺れ動く日常が描かれている群像劇で、同作は『第61回毎日出版文化賞』『第34回大佛次郎賞』を受賞している。

 文庫部門では、同作以外にも前週に続き映画原作本が人気。木村多江主演の『東京島』(新潮社)、新垣結衣主演の『ハナミズキ』(幻冬舎)など、TOP10中5作品が映画化、もしくは今後映画公開が決まっている作品だ。これに伴い、映画封切り後『悪人』がどれほど売上を伸ばすか注目される。

■調査協力店
旭屋書店、アニメイト、Amazon.co.jp、紀伊國屋書店、くまざわ書店、コミックとらのあな、三省堂書店、三洋堂書店、セブンアンドワイ(WEB通販)、TSUTAYA、戸田書店、明屋書店、フタバ図書、丸善、漫画全巻ドットコム、未来屋書店、八重洲ブックセンター本店、有隣堂、楽天ブックス、リブロ、WonderGOO ほか全国書店1717店舗(WEB通販含む)※7月6日付現在(五十音順)

■オリコン“本”ランキング
書籍を販売している全国の書店およびWEB通販の週間売上をもとに全国推定売上部数を算出し順位を確定。「BOOK」「コミック」「文庫」の主要3ランキングと、「新書」「ビジネス書」を毎週木曜日に発表する。今後も月曜日分の売上から翌日曜日分までの売上を週間ランキングとして集計。それらをもとに月間ランキング及び年間ランキングも発表する。

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。



【ランキング表】 BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

関連写真

  • 吉田修一 『悪人 上』(朝日文庫) 
  • 吉田修一 『悪人 下』(朝日文庫) 

オリコントピックス