• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • 佐藤健、日テレ系新ドラマ『Q10』で連ドラ初主演!!「キュートな作品を作れたら」

佐藤健、日テレ系新ドラマ『Q10』で連ドラ初主演!!「キュートな作品を作れたら」

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 俳優・佐藤健が10月スタートの新ドラマ『Q10(キュート)』(日本テレビ系 土曜・後9:00〜)で、連続ドラマ初主演を果たすことが8日、わかった。脚本は『野ブタ。をプロデュース』(同局系)で知られる木皿泉氏が担当。“Q10”という謎の少女に出会い、徐々に変化を遂げる主人公の高校生を演じる佐藤は「木皿泉さんの脚本の世界観を大切にしながら、心のどこかを揺れ動かされるような、それでいてどこかキュートな作品を作れたらと思います」と意気込む。これまでドラマ、映画、CM とさまざまな話題作に出演してきた佐藤だが、いよいよ“座長”としての力量が試されるときが来た。

 『仮面ライダー電王』(テレビ朝日系)の野上良太郎役で人気を集め、『ROOKIES』(TBS系)、『ブラッディ・マンデイ』(同局系)などに出演してきた佐藤。ロッテガム『Fit’s』のCMでは、曲に合わせて踊るコミカルな一面も披露し話題に。さらに、NHK大河ドラマ『龍馬伝』では、“人斬り以蔵”と称された岡田以蔵役を熱演。人斬りであることに逡巡しながらも、信念を持つ以蔵の演技でこれまで以上のファン層を獲得した。水嶋ヒロとの共演で話題の映画『BECK』の公開も控えるなど、正に引っ張りだこの佐藤が、ついに連ドラに初主演を果たす。

 これまでに、スペシャルドラマ『MW-ムウ- 第0章〜悪魔のゲーム〜』(日本テレビ系)で主演経験はあるが、ゴールデンタイムの連続ドラマでは今回が初。佐藤は「初の連続ドラマの主演を務めさせていただくことになり、とてもうれしく思っています」と満を持しての主演に感慨もひとしおの様子。「監督やスタッフ、共演者の皆さんと一緒に精一杯頑張りますので応援よろしくお願いします」とスタッフとともに新たな作品を作り上げる決意を語っている。

 脚本を務める木皿泉氏は、『すいか』(日本テレビ系)、『野ブタ。をプロデュース』、『セクシーボイスアンドロボ』(日本テレビ系)で知られ、繊細な感情描写に定評がある。そんな人気脚本家の3年ぶりの新作という点も注目を集めることとなりそうだ。

 これまでにも、さまざまな役どころにチャレンジし、人気もうなぎ登りの佐藤。先ごろ発表した『2010上半期・最もブレイクした若手俳優ランキング』(オリコン調べ)でも堂々の1位を獲得している。決して“イケメン俳優”という括りでは収まりきらない彼の魅力が、今作で更なる開花をみせるのか、期待したい。

◆関連ニュース一覧 日本テレビドラマ芸能人の初挑戦

オリコントピックス