ドラマ&映画 カテゴリ
ORICON NEWS

楽天・野村名誉監督の孫・忠克くん、意中の球団は 「今のところ巨人」

■その他の写真ニュースはこちら

 プロ野球・東北楽天の野村克也名誉監督の妻・沙知代さんと孫の忠克くん(8)が26日、都内で行われたアニメーション映画『ヒックとドラゴン』(8月7日公開)のチャリティー試写会に訪れた。鑑賞後、「勇気と絆の物語だった」と利発そうに感想を述べた忠克くんの姿に沙知代さんは「やっぱり“大(おお)パパ”の孫だね」と目尻を下げた。すでに野球チームに入っているという忠克くんは将来、プロ野球でプレーするなら希望球団は「今のところ巨人」とはっきり答え、報道陣を驚かせていた。

映画『ヒックとドラゴン』3Dチャリティー試写会にゲスト出演した野村沙知代と孫の忠克くん (C)ORICON DD inc. 

映画『ヒックとドラゴン』3Dチャリティー試写会にゲスト出演した野村沙知代と孫の忠克くん (C)ORICON DD inc. 

写真ページを見る

 沙知代さんは「命の次の次の次に大事」な忠克くんを前にして、「高校野球で活躍して、ドラフトで指名されてプロになるまで見届けたいが、その頃まで生きていないか」と珍しく弱気な発言も。忠克くんの「巨人入り」希望にも、沙知代さんは「巨人のユニフォームはおじいちゃんの終生の夢でしたから。なんて、言うと死んじゃったみたいだけど、元気ですよ」と血は争えないと感慨深げだった。

 5月に体調を崩して都内の病院に入院していた野村名誉監督については「解離性大動脈瘤(りゅう)だったら、死んでるわよ」と一部で報道された入院理由を一蹴。「風邪をひいて熱が出たので病院へ行ったら、扁桃が腫れていたので、患部を切除した」と説明し、その後の経過についても「毎日のように講演会をやっているから大丈夫」と語った。忠克くんも「(野村名誉監督の)誕生日(6月29日)前に治って良かった」とホッとした表情を見せていた。

 野村名誉監督は2006年から2009年まで東北楽天の監督を務め、今年3月に同球団の名誉監督に就任。入退院の前後も講演会等で全国を飛び回っている。この日の試写会にも来場する予定になっていたが、沙知代さんは「週休2日にしてくれと言われて。今日は久しぶりのお休み。いろいろ心配かけたけど、生きているからね」と話した。 

⇒ オードリーのコメント付き! 映画『ヒックとドラゴン』予告編


◆関連ニュース 最新映画情報映画インタビュー

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索