• ホーム
  • 芸能
  • 文庫版『告白』5週連続で10万部超え 東野圭吾『容疑者X』抜く

文庫版『告白』5週連続で10万部超え 東野圭吾『容疑者X』抜く

【ランキング表】
BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

 女優・松たか子主演で6月5日より公開され、興行収入ランキング4週連続首位、同月27日までの累計興収21億円の大ヒットを記録している映画『告白』。その原作で同名小説の文庫版(双葉社/4月8日発売)が週間12.8万部を売上げ、最新7/5付オリコン“本”ランキング文庫部門で通算11週目の首位を獲得した。映画ヒットに牽引される形で、6/7付以来5週連続で週間実売10万部超え。2008年4月の同ランキング開始以降、最高記録だった東野圭吾『容疑者Xの献身』(文藝春秋)の4週連続を上回った。

 同作は、湊かなえのデビュー作ながら『2008年 週刊文春ミステリーベスト10』、『第6回 2009年本屋大賞』で共に1位を受賞した傑作。文庫本による週間売上10万部超えは稀で、今回のような連続記録は極めて異例といえる。映画公開直後の6/14付で文庫本では今年初となるミリオンセラーとなり、累積売上は145.5万部に達した。

 公開中の映画は、松のほか岡田将生木村佳乃らが名を連ね、『下妻物語』(2004年)、『嫌われ松子の一生』(2006年)、『パコと魔法の絵本』(2008)を手がけた中島哲也監督がメガホンをとった。現在、同作の世界配給が決定しているほか、ハリウッドからリメイクのオファーも殺到するなど、将来的に再び文庫の売上げを伸ばすことも予想される。

■異色ビジネス本『もしドラ』が総合部門V3

 BOOK(書籍総合)部門も首位は変わらず、青春小説仕立てのビジネス本『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(ダイヤモンド社)が6/21付以来3週連続で首位をキープ。

 人気アイドルグループ・AKB48の峯岸みなみがモチーフの主人公“みなみちゃん”が間違って買ってしまった、米経営学者ピーター・F・ドラッカーの経営書『マネジメント』の理論を用い、甲子園を目指すという内容の同書。そのわかりやすさが受け、現在ビジネス書部門においては16週連続で首位を独走中。驚異的なロングセールスとなっている。

■調査協力店
旭屋書店、アニメイト、Amazon.co.jp、紀伊國屋書店、くまざわ書店、コミックとらのあな、三省堂書店、三洋堂書店、セブンアンドワイ(WEB通販)、TSUTAYA、戸田書店、明屋書店、フタバ図書、丸善、漫画全巻ドットコム、未来屋書店、八重洲ブックセンター本店、有隣堂、楽天ブックス、リブロ、WonderGOO ほか全国書店1717店舗(WEB通販含む)※7月6日付現在(五十音順)

■オリコン“本”ランキング
書籍を販売している全国の書店およびWEB通販の週間売上をもとに全国推定売上部数を算出し順位を確定。「BOOK」「コミック」「文庫」の主要3ランキングと、「新書」「ビジネス書」を毎週木曜日に発表する。今後も月曜日分の売上から翌日曜日分までの売上を週間ランキングとして集計。それらをもとに月間ランキング及び年間ランキングも発表する。

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。



【ランキング表】 BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

松、『告白』20億円突破も実感沸かず


オリコントピックス