ドラマ&映画 カテゴリ

藤田まことさんを追悼 東山紀之らが『必殺2010』にかける思い語る

■その他の写真ニュースはこちら

 スペシャルドラマ『必殺仕事人2010』(テレビ朝日系)の制作発表会見が17日、都内で行われ、少年隊の東山紀之TOKIO松岡昌宏KAT-TUN田中聖、女優の和久井映見が登壇した。この日の制作発表は、同シリーズで“中村主水”を演じ、今年2月に大動脈瘤破裂で亡くなった藤田まことさんを追悼する意味も込められ、ステージには“中村主水”に扮した藤田さんの写真と花が飾られ、登壇者らが一輪ずつ花を添えた。東山は「この度、“中村主水”というとてつもなくデカい存在がいなくなってしまい、僕らもやるべきかやらないべきか考えましたが、ご家族、スタッフに背中を押していただき、ここまでこれたと思います。藤田さんに見せて恥ずかしくないよう、ここまでもってきたつもりです。(藤田さんと)ご一緒させていただけたことが財産。スタッフ、これまで観てきてくれた人、全てに捧げたいと思います」と心境を語った。

 花御殿のお菊を演じる和久井は、在りし日の藤田さんを思い起こし「今でも誰かに“嘘です”と言ってもらいたい」と声を詰まらせながらも、「出演者やスタッフの方、それぞれの中に大きな藤田さんの存在が大切にあるんだと思い、撮影に臨む毎日でした。そのことが画面を通して、みなさんに伝わればと思います」。また藤田さんを“親分”と呼び慕い、経師屋の涼次を演じる松岡は「クランクアップ後の帰り際、藤田さんに“必殺頼むよ”と言われたことが、心にギュッときました」と明かし、「不謹慎かもしれないですけど、自分の仕事をすべて終えてから旅立たれた。藤田まことさん自身が仕事人なんだなと思いました。中村主水に出会えたことに感謝しています」と敬意を表した。

 昨年放送された『必殺仕事人2009』から出演している田中は「一番藤田さんと関わった期間は短いけど、その背中を見て僕自身も凄く成長できた」とコメントし、撮影時のエピソードを「すごい目がいいねって言われて、それが嬉しくて忘れられなくて、褒めて頂きたい一心で目ばかり意識していました」と明かした。

 同ドラマは、『必殺仕事人』シリーズの最新スペシャルドラマ。藤田さんの突然の訃報により一度は制作を中断していたが、藤田さんの所属事務所から「亡き藤田も新しいメンバーとの『必殺を』喜んでいましたし、遺族の方々も『必殺』を撮影していただけることを心から感謝しています」との言葉をもらい制作が再開され、このほど無事撮影終了となった。7月10日午後9時より放送。

◆関連ニュース ドラマテレビ朝日

関連写真

  • スペシャルドラマ『必殺仕事人2010』(テレビ朝日系)制作発表会のステージには、追悼の意を込め藤田さんが演じた“中村主水”の写真と花が飾られた (C)ORICON DD inc. 
  • スペシャルドラマ『必殺仕事人2010』(テレビ朝日系)の制作発表会に出席した和久井映見 (C)ORICON DD inc. 

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索