• ホーム
  • 芸能
  • 村上春樹『1Q84』がシリーズ総売上300万部突破

村上春樹『1Q84』がシリーズ総売上300万部突破

【ランキング表】
BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

 村上春樹著の長編小説『1Q84』(新潮社)シリーズ3巻の総売上が、最新5/17付オリコン“本”ランキングで300万部(304.9万部)を突破した。売上部数の内訳は、4月16日に発売された最新刊『BOOK3』が62.6万部、2009年5月発売の『BOOK1』、『BOOK2』がそれぞれ134.6万部、107.7万部。コミックを除いた同一シリーズの総売上300万部突破は、『B型自分の説明書』を含む4冊がヒットした、Jamais Jamais著の血液型本『自分の説明書』シリーズが2008年9/15付で記録して以来、1年8ヶ月ぶりとなる。

 『1Q84』は、過ぎた1984年の“こうであったかもしれない世界”を描いた作品。村上氏にとって2004年9月の『アフターダーク』以来5年ぶりの新刊小説とあって、2009年5月発売の1、2巻は、同ランキングBOOK(書籍総合)部門で2009年6/8付に初登場してから5週連続で1、2位を独占。昨年発表のオリコン2009年 年間“本”ランキングにおいても、『BOOK1』が1位、『BOOK2』が3位を獲得する大ヒットを記録した。

 先月4月には待望の3巻が発売され、発売日の16日には、東京の「SHIBUYA TSUTAYA」や「青山ブックセンター六本木店」など終夜営業を行う一部店舗に、午前0時にも関わらずいち早く新刊を手にしようとファンが列を作った。前2巻に続き売上も好調で、初登場した4/26付から最新付まで4週連続で首位を獲得している。

■調査協力店
旭屋書店、アニメイト、Amazon.co.jp、紀伊國屋書店、くまざわ書店、コミックとらのあな、三省堂書店、三洋堂書店、セブンアンドワイ(WEB通販)、TSUTAYA、戸田書店、明屋書店、フタバ図書、丸善、漫画全巻ドットコム、未来屋書店、八重洲ブックセンター本店、有隣堂、楽天ブックス、リブロ、WonderGOO ほか全国書店1717店舗(WEB通販含む)※7月6日付現在(五十音順)

■オリコン“本”ランキング
書籍を販売している全国の書店およびWEB通販の週間売上をもとに全国推定売上部数を算出し順位を確定。「BOOK」「コミック」「文庫」の主要3ランキングと、「新書」「ビジネス書」を毎週木曜日に発表する。今後も月曜日分の売上から翌日曜日分までの売上を週間ランキングとして集計。それらをもとに月間ランキング及び年間ランキングも発表する。

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。



【ランキング表】 BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

オリコントピックス