ドラマ&映画 カテゴリ

桐谷美玲、黒川智花らが銀座で“ホステス修行”

■その他の写真ニュースはこちら

 新ドラマ『女帝薫子』(25日スタートテレビ朝日系)に出演する桐谷美玲黒川智花原沙知絵国生さゆりの4人が、先ごろ東京・銀座で“ホステス修行”を行なった。同作が高級クラブが舞台ということで、現役ママ3人により、桐谷らは席の座り方、水割りの作り方やタバコの火の付け方など、“プロの所作”を習得。桐谷は「実際にやってみると緊張してしまって、いろんなことを忘れてしまいました。これからしっかり練習しないといけないですね」と意気込む。

 最初にソファーでの座り方についてママから「浅く座って、背筋を伸ばす」というアドバイスを新人ホステス・紗也役の桐谷、美樹役の黒川が実践しようとすると、チーママの日出子を演じる国生から「ほら、しっかり背筋伸ばしなさい!」というゲキが飛び、新人ホステス役の桐谷、黒川がすかさず「はい!」と本番さながらに大きく返事する一幕も。また、桐谷が水割り作りに挑戦するが、緊張のあまり氷を入れ忘れ、コルクを抜く際に大きな音を立ててしまう。そこで、ママが見本を見せると、その流れるような鮮やかな手つきに4人はひたすら感心するばかり。

 黒川は「言われた通りのことをやろうとするんですけど、なかなか思うようにできなくて…。慣れることが大事なんだなと思いました」と所作の難しさを実感。劇中では、紗也と美樹を厳しく指導する役の国生が「お芝居の時の方が上手くできてたよ。今日は緊張しちゃってたよね」と優しくフォローを入れた。一方、原は「ホステスというのは内面から出る美しさというのが本当に重要。水割りの作り方なども覚えるのは大変だけど、ふたりには頑張ってほしいですね」とエールを送った。

 ドラマでは、日出子ママは紗也と美樹をひっぱたいたり、耳を引っ張って引きずり回すなど壮絶なイジメを展開するが、桐谷は「日出子ママの厳しい指導は“愛”なんだと思って受け止めます(笑)」と改めて、難役に挑む覚悟を決めていた。

 『女帝薫子』はテレビ朝日が4月より新設する日曜午後11時枠の第1弾作品。同名コミックのドラマ化で、幼い頃に自分を捨てた母親が“薫子”を名乗り、銀座でホステスをしていると知った秋田在住の高校生・紗也(桐谷)は高校卒業と同時に単身上京。銀座でホステスをしながら母親である薫子を探そうと決意する。一方、長崎の高校生・美樹(黒川)は、自分を捨てた父親を探すために銀座でホステスとして働くことに。その手がかりは父と一緒に駆け落ちした女の名前だけ。その女の名前も“薫子”だった……。共に同じ女性の行方を追う紗也と美樹は、銀座の頂点である“女帝”としてのし上がるために、し烈な戦いを繰り広げる。美しく華やかな夜の世界に秘められた男と女の愛欲を描いていく。

関連写真

  • プロからホステス作法を教わる桐谷美玲(中央)と黒川智花(右) 
  • ホステス講習を受けた出演者たち(左から原沙知絵、黒川智花、桐谷美玲、国生さゆり) 

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索