ドラマ&映画 カテゴリ

斉藤和義、女子高生にビートルズの魅力を語る 映画『ゴールデンスランバー 一夜限りの特別試写会』

■その他の写真ニュースはこちら

 人気作家・伊坂幸太郎のベストセラー小説を映画化した『ゴールデンスランバー』の公開を控えた27日、東京・品川プリンスシネマで同作の中村義洋監督と主題歌を手がけた歌手の斉藤和義によるトークイベント付き特別試写会が催された。

 同作は首相暗殺犯に仕立てられた無実の男の逃亡劇で、タイトルの「ゴールデンスランバー」はザ・ビートルズの最後のアルバム『アビイ・ロード』に収録されているメドレーの1曲。同作の主題歌として同曲をカバーした斉藤は「オリジナルが一番すごいと思っているし、ビートルズにかないっこないというつもりでやったので、プレッシャーはあまり感じなかったです」とコメント。

 イベントには<ビートルズを知らない世代>とも言える女子中・高校生200人が集まったが、ほぼ全員“ビートルズ”のことは知っていて、内3分の1は両親が持っているのを含めて「自宅にビートルズのアルバムがある」と挙手した。

 そんな彼女たちに対し、斉藤は「ビートルズはそれまでの既存の音楽やファッションを全てひっくり返したようなロック・バンド。そして世界中の誰もが知っているロック・バンド」とビートルズの魅力について熱心に語った。中村監督は「今日、家に帰って『ゴールデンスランバー』という映画を観たと、ご両親に伝えてみて下さい。きっとビートルズの話題で家族の溝(?)も埋まるかもしれないです」と笑わせた。

 斉藤が弾き語りで「Golden Slumbers」を披露し、ステージ上に組まれた『アビイ・ロード』のジャケット写真で作った巨大なパネル(2.5m×2.5m)の前で、女子中高生を交えてビートルズのポーズを真似たフォトセッションを行った。

 映画『ゴールデンスランバー』は1月30日(土)より全国公開。

【2010年公開 映画特集】
テレビ発“THE MOVIE”作品目白押し
やってきた? 音楽映画ブーム
洋画の注目作品が続々と公開

◆「映画」関連インタビュー バックナンバー Vol.1Vol.2
取れたて情報満載! 「映画」関連ニュース一覧




 斉藤和義

関連写真

  • 左端が中村義洋監督、右から2番目が斉藤和義 
  • 2009年9月、デジタル・リマスター版が発売された音楽史上に残る名盤、ザ・ビートルズ『アビイ・ロード』 

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索