• ホーム
  • 映画
  • マイケル・ムーア監督最新作、ベネチア国際映画祭でワールドプレミア

マイケル・ムーア監督最新作、ベネチア国際映画祭でワールドプレミア

『ボウリング・フォー・コロンバイン』『華氏911』『シッコ』と作品を発表するたびに、大きな注目を集めるアメリカのドキュメンタリー作家、マイケル・ムーア監督。経済問題に切り込んだ最新作『キャピタリズム:ア・ラブ・ストーリー』(原題)が、イタリアで開催中の第66回ベネチア国際映画祭で現地時間6日、ワールドプレミアとして世界で初めて上映された。同映画祭のコンペティション部門にドキュメンタリー作品が出品されるのは初めてという快挙も成し遂げた。

最新作は昨年9月の“リーマン・ショック”に端を発した米・ニューヨーク、ウォール街の金融危機と世界同時不況の原因...

この記事の画像

  • ベネチア国際映画祭のレッドカーペットに立つマイケル・ムーア監督(C)Kazuko Wakayama 
  • マイケル・ムーア監督(C)Kazuko Wakayama 

オリコントピックス