ドラマ&映画 カテゴリ

安田美沙子、京都弁で声優初挑戦 愛しのカレから激励も

■その他の写真はこちら

 タレントの安田美沙子が放送・配信用アニメ『キャラディのジョークな毎日』で声優に初挑戦し25日(水)、都内で行われた記者会見に出席した。慣れない声優業に「最初は不安だった」というが、交際中の俳優・城田優から「自信を持ってやりなよ」という激励があったことをのろけながら報告し「仲良くやらせてもらってます」と順調交際をアピールした。

 次世代のアニメ界を担う学生クリエイターたちが作る、ジョークを題材にしたショートアニメをナビゲートする女性・キャラディを演じた安田はジョークの魅力を「一言で言うとギャップ」。続けて「私自身もギャップある。ほんわかしてるかもだけど、負けず嫌いだったりする」と自身に置き換え「たまに腹黒いとか言われるので、2面性のある役もやってみたい」と期待を込めた。

 作品では全編、故郷の京都弁で挑み「声のお仕事で京都弁は初めてだったので新鮮」と満足げ。365日放送される同番組へ「去年、ホノルルマラソンに挑戦して1人じゃ何もできないとわかった。スタッフさんや学生さんたちと1つになって42.195キロを走るように全力でやりたい」と全力疾走を誓った。

 産学共同プロジェクトをもとに京都造形芸術大学の学生たちがプロのサポートをもとに企画・制作したアニメ『キャラディのジョークな毎日』は、地上波(テレビ神奈川、テレビ埼玉、千葉テレビ放送、三重テレビ放送、京都放送、サンテレビジョン)やインターネット配信(BIGLOBEストリーム)で4月1日より365日連続で放送(時間未定)。


 安田美沙子

関連写真

  • アニメーション「キャラディのジョークな毎日」記者会見に登場した安田美沙子 
  • アニメーション「キャラディのジョークな毎日」記者会見の模様(左より)CGアニメ監督の増田龍治、安田、プロデューサーの古賀俊輔 

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索