ドラマ&映画 カテゴリ

濱田マリ、再婚祝福に恐縮「おめでとうは“口パク”でいいんです・・・」

■その他の写真ニュースはこちら

 昨春に一般人と再婚していたことが、昨年末に明らかになった女優でタレントの濱田マリが15日(木)、都内で行われた映画『ララピポ』の試写会&トークショーに出席。同作の宮野雅之監督から「おめでとうございます」という言葉と、会場から温かい拍手をもらった濱田は、「私、2回目なんでおめでとうなんて“口パク”でいいんです。拍手も“エアー”でいいんです」と恐縮しきりの様子だった。

 同作は、東京・渋谷を舞台に世知辛い世の中をさまよう6人の様子を描いたコメディー。ゴミ屋敷に住む主婦で“熟女AV女優”という難役に挑んだ濱田は「スパイシーな役は大好物です。(この役の依頼がきたときは)一言で言うと食いつきました」とお気に入りの役柄であることを明かした。

 トークショーでの濱田は、「なんで(同作で共演の)成宮(寛貴)くんじゃなくてあなた(濱田自身)なのよ! (でも、それは)言ってはならないことですから」とジョークを飛ばすなどエンジン全開。終始軽妙なトークで会場を盛り上げた。

 また、終了後のインタビューでは役柄と引っ掛け、自宅のゴミの散らかり具合を聞かれ「毎日ちゃんと捨ててます。こう見えても家事で1番好きなのは掃除」と 良妻ぶりも披露。旦那がゴミ捨てをしているのでは? との質問には「私が。殿方にお家のことはさせられないです」とコメントし、トークショーとは一転、しおらしい表情を浮かべてみせた。

 映画『ララピポ』は2月7日(土)より全国で公開。

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 再婚の祝福に恐縮しきりの様子だった濱田マリ 
  • 笑いに包まれたトークショーの模様 
  • トークショーに出席した(左から)濱田マリ、宮野雅之監督 

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索