ドラマ&映画 カテゴリ

坂井真紀と寺島進、CMとは違う風変わりな「夫婦を演じたい」

■その他の写真はこちら

 女優の坂井真紀が主演を務める映画『ノン子36歳(家事手伝い)』が24日(月)、都内で開催中の『第9回東京フィルメックス』で上映され、坂井、星野源熊切和嘉監督が舞台あいさつを行った。上映前に行われたトークショーには、CMで坂井とほのぼのとした夫婦役を演じている俳優・寺島進も駆けつけ、「CMとは違うタイプの、変わった夫婦を演じたい」と意気込みを語り、坂井も「お客さんの中にお金出してくれる人いませんか?」と、早くも次回作の提案に乗り気の様子だった。

 同作は、三十路半ばでバツイチの出戻り女性(坂井)と、世間知らずだけどピュアな青年とのフレッシュな恋愛を描く。舞台あいさつで、坂井は「熊切監督の『僕は人間を撮りたいんだ』っていう言葉がすごく印象に残っています」と話し、撮影中のことを「大変に感じることは何もない。楽しいことだらけでした」と笑顔で振り返った。また、星野も「監督がとても楽しそうに撮影をしていて、子供みたいだった。そんな人に見守られながら撮影できて幸せ」と満足そうに微笑んだ。

 またトークショーでは、坂井について熊切監督は「華奢なイメージだけど、全力でぶつかっていくイメージ。思いっきり笑うところが好き」。寺島も「透明感があって、うそっぽくない。ちょっとしたグチも正面きって聞いてくれる、姉さん肌です」とそれぞれ魅力的なポイントをあげ、坂井を赤面させていた。

 映画『ノン子36歳(家事手伝い)』は来月20日(土)より公開。

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 映画『ノン子36歳(家事手伝い)』のトークショーで、風変わりな「夫婦役を演じたい」と意気込んだ寺島進、坂井真紀 
  • 星野源 
  • (左から)熊切監督、坂井真紀、星野源 
  • 坂井真紀 
  • 和やかに進んだトークの模様 

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索