ドラマ&映画 カテゴリ

長澤まさみ、藤子・F・不二雄原作ドラマで肉体の限界に挑戦

■その他の写真はこちら

 国民的人気コミック『ドラえもん』などで知られる漫画家、藤子・F・不二雄氏の実写オムニバスドラマ『値ぶみカメラ』で主演を務める女優・長澤まさみが6日(月)、都内で監督・箭内道彦と共にトークイベントを行った。漫画を忠実に再現した同ドラマで、苦労した点について長澤は「ありえないポーズに悪戦苦闘した」と明かし、箭内監督は「肉体の限界に挑戦してたよね」と長澤の“女優魂”を称えた。

 ドラマは、SFファンタジー漫画『異色短編集』の中から6本を実写化し、1話完結のオムニバスで放送し、初回は撮影すると被写体の価値や値段がわかってしまう不思議なカメラが登場。長澤は藤子・F・不二雄作品について「憧れや夢を持たせてくれるので、演じていて楽しかった」と微笑み、箭内監督は「出た人が楽しければそれで良い。観てる人は関係ない」と満足げ。さらに、ドラマについて長澤は「新しいものを観てみたいっていう興味だけで観てほしい。普通のドラマじゃ表せないくらい、あまりに斬新なストーリーです」と自信をのぞかせた。

 WOWOW『藤子・F・不二雄のパラレル・スペース』は今月31日(金)より深夜0時より放送。

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 長澤まさみ 
  • 長澤が演じた藤子・F・不二雄氏のキャラクターパネルと2ショット 
  • トークの模様 
  •  

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索