アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • “妊娠”降板の畑野に代わり『サラ金』ヒロインに井上和香

“妊娠”降板の畑野に代わり『サラ金』ヒロインに井上和香

■その他の写真はこちら

 サッカー日本代表のMF・鈴木啓太(浦和レッズ)と、結婚&妊娠を発表し、出演予定だったテレビ朝日系ドラマ『サラリーマン金太郎』を降板した女優・畑野ひろ子の後任を、女優・井上和香が務めることが1日(月)分かった。突然のピンチヒッターに驚きを隠せない井上だが「精一杯演じたいと思っております」と力強くコメントしている。

 畑野は、同作で俳優・永井大が演じる主人公・矢島金太郎に恋をする“ヒロイン”として、銀座高級クラブのママ・美鈴役を演じる予定であったが、妊娠2ヵ月であることが発覚したため急遽出演を降板。8月21日に所属事務所を通じて「楽しみにしていただいていたみなさん、ならびに関係者の方々にはご迷惑をかけることになってしまったこと、とても辛く思っています。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪コメントを発表していた。 ピンチヒッターとして同作のヒロイン役を演じることになった井上は、06年に放送されたドラマ『黒い太陽』(同局系)で、永井の相手役として息の合った演技を魅せた。“金太郎”の一大事に、一肌脱ごうと出演を決意。「急遽のことで驚いておりますが、精一杯演じたいと思っております」と意気込んでいる。

 さらに主題歌には、フジテレビ系新“月9”ドラマ『イノセント・ラヴ(仮)』で連ドラ初出演が決定し、主演の堀北真希の相手役という大役に抜擢された北川悠仁のユニット・ゆずが担当することも決定。もともと同作の原作者・本宮ひろ志氏が、ゆずのシングル「嗚呼、青春の日々」のジャケットを描いていたという縁もあり、今回のボーダレスな展開が実現した。北川も「本宮先生のマンガはたくさん読んでいて、特に『サラリーマン金太郎』は大好きなので、お話しをいただけて大変光栄でした」と喜びをあらわにしている。

 ドラマ『サラリーマン金太郎』は、10月より毎週金曜日の夜11:15より放送。



今月の写真ニュース一覧をみる




オリコントピックス