ドラマ&映画 カテゴリ

元おニャン子新田恵利、金髪姿で21年ぶりの映画出演

■その他の写真はこちら

 元おニャン子クラブの一員として大活躍したタレントの新田恵利(40)が、辺見えみりが初主演する『Happy ダーツ』(11月公開)で21年ぶりに映画出演することがわかった。今回のオファーに「新しい挑戦」として出演を快諾した新田は、おニャン子時代の印象とはうってかわって金髪姿に変貌をとげ、仕事を持ちながらプロプレーヤーを目指すダーツバーの常連客を演じる。

 新田は、これまでに歌手として数々のヒット曲を送り出したほか、テレビドラマ、映画などで女優としても活躍。主な出演作には、梶間俊一監督の映画『ちょうちん』(1987年)、NHKドラマ『旅はおしゃれ』(1987年)、フジテレビ系ドラマ『月曜ドラマランド・ねらわれた学園』(1987年)、日本テレビ系ドラマ『歓迎!ダンジキ御一行様』(2001年)などがある。

 プライベートではフジテレビの社員と結婚し、一時期、芸能活動を休止していた新田だが、今回、芸術性の高い作品で知られる松梨智子監督による『Happy ダーツ』に21年ぶりに出演することになった。今回のオファーに対しては、「新しい挑戦」として出演を快諾したという。

 『Happy ダーツ』は、仕事にやる気がなく熱中するものもなく、お酒とブランドものの服に身を包むことにのみ関心をもつ、何事にも中途半端な30代の女性が主人公。そんな彼女が、一目ぼれした男性に会うためにダーツを始めたことから次第に本格的にのめりこんでいき、全日本ダーツトーナメントでの優勝を目指し奮闘する。辺見えみりが主演し、新田、森泉、加藤和樹、佐藤仁美らが出演する。

今月の写真ニュース一覧をみる

関連写真

  • 『Happy ダーツ』(11月公開) 
  • 監督、プロデューサーからのラブコールを受けて出演を快諾した新田恵利 

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索