アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 「大人の対応」東国原宮崎県知事と浅香光代が和解

「大人の対応」東国原宮崎県知事と浅香光代が和解

■その他の写真はこちら

 東国原英夫宮崎県知事が22日(木)付の自身のブログで、確執が報道されていた女優・浅香光代から「雷おこしと一緒に丁重なお礼の手紙を頂いた。先日、こちらから県産品を送り、謝罪の手紙も添えた。そのお返しである。大人の対応である」と両者の間で“手打ち”が行われたことを明かした。

 東国原知事は5月の中旬、酒の席にいる際にタレントのオスマン・サンコンから電話があり、浅香と共に酒を飲んでいたサンコンに「浅香さんと一緒にいるよ」と電話口で言われたが、東国原知事はとっさのことで誰のことかわからず、「どちらの浅香さん? 誰?」と言ってしまったことが大きな事態に発展してしまった。

 その後、東国原知事は「人生でも芸的にも大先輩である浅香さんに失礼な言動があったことが事実なら、これは、由々しき事態である。深く反省し、謝罪しなければならない」と「県産品も送り、その中に手紙も入れさせて頂いた」という。

 酒の席での電話という意思疎通の難しいシチュエーションで起きた騒動だったが「メディアは、浅香さんから手紙が届いたことは報道しない。てか、そんなこと知らないよね?(笑)。喧嘩は面白いが、仲直りは面白くないようである。まぁ、当たり前か(笑)」と自嘲気味に綴っている。



オリコントピックス