『相棒』初のスピンオフドラマが決定

■その他の写真はこちら

 俳優の水谷豊寺脇康文のコンビによるテレビ朝日系の人気刑事ドラマを映画化した『相棒―劇場版―』の公開が5月1日(土)に控える中、“相棒”シリーズ初のスピンオフショートドラマ『裏相棒』が4月21日(月)深夜1:15から8分の枠で計8話に渡って放送されることが決定した。

 今作は水谷演じる右京、寺脇演じる薫ら“特命係”が捜査を行うことを疎ましく思う捜査一課の3人組“トリオ・ザ・捜一”の伊丹(川原和久)、三浦(大谷亮介)、芹沢(山中崇史)と鑑識の米沢(六角精児)らがメインとなって事件に挑む。脚本は劇場版も手かげた戸田山雅司が担当するという力の入れようだ。実はその脚本、本作のホームページ内にある“隠しアドレス”から閲覧することができるという遊び心に富んだものになっている。

 一部はすでに公開されているので、右京の劇中での決めゼリフである「細かいところが気になってしまうのが私のくせでして…」という人は、是非その閲覧方法を“捜査”してみてほしい。

  • 『裏相棒』の隠れアドレスをここから探せ!




  • 関連写真

    • 左から六角精児、大谷亮介、川原和久、山中崇史 
    •  
    •  

    オリコントピックス