ドラマ&映画 カテゴリ

深夜ドラマから記録的なヒット、冬ソナに迫った『ライフ』

■2007年7月期ドラマ視聴率ランキング(最終、平均、初回比較)はこちら

 今期のドラマNo.1ヒットはフジテレビ系『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』と確定したが、視聴率の推移をみると、北乃きい主演の『ライフ』(フジテレビ系)の意外な好調ぶりも見て取ることができた。なんと、23時以降の深夜枠ドラマにして、最終回で17.4%を記録。これまでの深夜枠のドラマとしては、かなりハイレベルの高視聴率となった。

 この『ライフ』の初回視聴率は11.0%。深夜枠としては高水準ではあるものの、今期ドラマ全体としては17本中13位に留まり、その後9.4%まで落ち込んだこともあった。しかし終盤にかけて最高値を次々と更新、最終視聴率では17.4%と今期ドラマ中でもトップ3入りを果たす躍進をみせた。

 初回と最終の各視聴率を比較すると『〜イケメン♂パラダイス〜』が15.9%→21.0%と5.1ポイント増だったのに対し、『ライフ』はさらに上回る6.4ポイントアップを記録したことになる。

 深夜枠(1クール)ドラマとしては、テレビ朝日系の『時効警察』、『特命係長 只野仁』の各シリーズが好調な視聴率獲得で知られる。なかでも07年1月期の『特命係長 只野仁』の最終回は17.0%というハイレベルを記録。今回の『ライフ』はそれをも上回り、2000年以降としては最高記録を樹立したことになる。

 なお、1クール以上の作品としては、NHKの『冬のソナタ』が最終回で記録した20.6%がある。しかし、同作にしても『ライフ』を上回ったのは20回中2回のみで、今回の記録の重みを象徴する。

*視聴率はビデオリサーチ関東地区調査データに基づく。





タグ

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索