• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 「この木なんの木」CM曲がついに着うたに

「この木なんの木」CM曲がついに着うたに

 日立製作所のCMでおなじみ、通称「日立の樹」として子どもから大人にまで愛されている樹齢約130年、高さ25メートル、幅40メートルというモンキーポッド。先日、この大木の独占撮影権が約5000万円で契約されたことが話題になったばかりだが、そのCM曲「この木なんの木」が着うた(R)で配信されることになった。

 大木「日立の樹」とともにそのCMの顔としてお茶の間で親しまれているのが、伊藤アキラの作詞、小林亜星の作編曲による「この木なんの木」。昭和48年にアニメーションで始まった初代CMからこの曲のオンエアもスタート。その後、第2代CMに登場したモンキーポッドを皮切りに幾度かの主役交代の後、現在の第9代CMに至っている。

 この第9代CMで「この木なんの木」を歌っているのがアカペラグループのINSPiだ。若さと透明感にあふれる歌声が好評の彼らが歌う同曲は、平成17年のCMオンエア開始当初から話題になっていたが、ついに2月21日より着うた(R)で配信がスタートする。

 INSPiは、これまでにも、昨年11月に発売されたシングル「粉雪」が着うたフル(R)サイト『オリコンスタイルフル』で3週連続1位を獲得するなど、とくに若年層ユーザーの多い携帯音楽シーンでの実力と人気を兼ね備えている。今回の「この木なんの木」の配信もすでに話題になっているようだ。

INSPiの着うたはこちら
◆ライフスタイルランキング一覧

その他のニュースはこちら!


タグ

オリコントピックス