ドラマ&映画 カテゴリ

アイドルグループ・乃木坂46久保史緒里(21)が6月30日、都内で行われた映画『探偵マリコの生涯で一番悲惨な日』初日舞台あいさつに登壇。自身が演じた役について語った。 同作は、新宿にあるバー「カールモール」のバーテンダーで探偵のマリコ(伊藤)と、その恋人で自称忍者のMASAYA(竹野内)の物語。東洋の魔窟と称される歌舞伎町を舞台に、6つのストーリーを両監督で分業、1本の映画として創り上げていくというコラボレーションスタイルの意欲作となっている。次々と巻き起こる予測不能な出来事、それぞれのストーリーが複雑に絡み合い、やがて1本の線としてつながり、オフビートな笑いと感動の涙を巻き起こす。 久保は、初共演の伊藤沙莉(29)に「役もあって短いズボンをはいていて寒かったんです。そのとき、『寒くないですか?』とお気遣いいただいて、救われました」と感謝。伊藤は「めちゃくちゃかわいいじゃないですか。パッとお会いして、顔が小さくて(目が)くりくりしていて」と目を輝かせ、「意外と日数が少なくて、あんまり話せなかったのが残念」とこぼした。

この記事の画像

  • ホストに貢ぐキャバ嬢を熱演した乃木坂46・久保史緒里 (C)ORICON NewS inc.
  • 『探偵マリコの生涯で一番悲惨な日』初日舞台あいさつに登場した乃木坂46・久保史緒里 (C)ORICON NewS inc.
  • 『探偵マリコの生涯で一番悲惨な日』初日舞台あいさつに登場した伊藤沙莉 (C)ORICON NewS inc.
  • 『探偵マリコの生涯で一番悲惨な日』初日舞台あいさつに登場した伊藤沙莉 (C)ORICON NewS inc.
  • 『探偵マリコの生涯で一番悲惨な日』初日舞台あいさつに登場した伊藤沙莉 (C)ORICON NewS inc.
  • 『探偵マリコの生涯で一番悲惨な日』初日舞台あいさつに登場した竹野内豊(C)ORICON NewS inc.
  • 『探偵マリコの生涯で一番悲惨な日』初日舞台あいさつに登場した竹野内豊(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索