ドラマ&映画 カテゴリ

マーベル・スタジオ映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』(5月3日公開)の日本語吹替声優から9人からコメントが到着。ピーター・クイル役の山寺宏一、ロケット役の加藤浩次、グルート役の遠藤憲一、マンティス役の秋元才加ら、前作までのキャストの続投となっている。 映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズは、銀河一の落ちこぼれチーム“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”のの物語。『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年)でアベンジャーズの一員として世界を救ったものの、最愛の恋人ガモーラを失ったショックから立ち直れないスター・ロードことピーター・クイルと、ガーディアンズの仲間たち。そんな彼らの前に、銀河を完璧な世界に作り変えようとする恐るべき最凶の敵“ハイ・エボリューショナリー”が現れ、ロケットに命の危機が迫る。家族を超えた絆で結ばれた大切な仲間の命を救うカギは、ロケットの知られざる過去に隠されていた…。

この記事の画像

  • 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』5月3日公開(C) 2023 Marvel
  • 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』5月3日公開(C) 2023 Marvel

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索