ドラマ&映画 カテゴリ

毎年恒例の「第77回毎日映画コンクール」受賞結果が19日、発表され、三宅唱監督の『ケイコ 目を澄ませて』が日本映画大賞、主演の岸井ゆきのが女優主演賞など最多5冠を達成。『夜明けまでバス停で』(高橋伴明監督)が日本映画優秀賞、男優主演賞を『土を喰らう十二カ月』の沢田研二が受賞した。 男優助演賞は『ある男』の窪田正孝、女優助演賞は『さがす』の伊東蒼が受賞。また、スポニチグランプリ新人賞は『サバカン SABAKAN』の番家一路、『マイスモールランド』の嵐莉菜に贈られる。田中絹代賞は寺島しのぶが受賞した。

この記事の画像

  • 「第77回毎日映画コンクール」で日本映画大賞を含む最多5冠を達成した『ケイコ 目を澄ませて』(C)2022 映画「ケイコ 目を澄ませて」製作委員会/COMME DES CINEMAS
  • 「第77回毎日映画コンクール」で日本映画優秀賞に選ばれた『夜明けまでバス停で』()2022「夜明けまでバス停で」製作委員会

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索