ドラマ&映画 カテゴリ

11月11日に全国420館(IMAX41館含む)にて公開が始まり、12月21日までの41日間で観客動員数706万人、興行収入95億円突破の快進撃をみせる新海誠監督の『すずめの戸締まり』。きのう22日、新海監督、音楽を担当した野田洋次郎が、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで会場の観客からと、事前に全国から寄せられたさまざまな質問に答えるティーチインを行った。イベントの途中、「どうしても質問をしたい」と、閉じ師の青年・宗像草太を演じた松村北斗が緊急参戦。登壇者も含め、完全なサプライズ出演に場内は騒然となった。 全国47都道府県107スクリーンにて生中継され、上映終了後であることと、全国のファンとつながれる年内最後の機会とあり、場内はもちろんのこと、新海監督と野田もテンションが上がった様子。初めて新海監督が野田に脚本を送った際に受け取ったメールを読み上げたり、「Tamaki」という楽曲がどのように生まれていったのかなど、今までには明かされてこなかったエピソードを披露した。

この記事の画像

  • アニメーション映画『すずめの戸締まり』舞台あいさつに登壇した(左から)松村北斗、新海誠監督、野田洋次郎
  • アニメーション映画『すずめの戸締まり』舞台あいさつに登壇した新海誠監督
  • アニメーション映画『すずめの戸締まり』舞台あいさつに登壇した野田洋次郎
  • アニメーション映画『すずめの戸締まり』舞台あいさつに登壇した松村北斗
  • アニメーション映画『すずめの戸締まり』舞台あいさつに登壇した(左から)新海誠監督、野田洋次郎
  • アニメーション映画『すずめの戸締まり』舞台あいさつに登壇した(左から)松村北斗、新海誠監督、野田洋次郎
  • アニメーション映画『すずめの戸締まり』入場者プレゼント第3弾「小説 すずめの戸締まり〜環さんのものがたり〜」冒頭2ページ(C)2022「すずめの戸締まり」製作委員会

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索