ドラマ&映画 カテゴリ
ORICON NEWS

河合優実、映画初主演 朝井リョウの連作短編小説『少女は卒業しない』映画化

 直木賞作家・朝井リョウの同名連作短編小説を、中川駿監督・脚本、河合優実主演で映画化した『少女は卒業しない』が来年(2023年)2月23日より劇場公開されることが発表された。河合は、昨年『サマーフィルムにのって』『由宇子の天秤』で数々の映画祭の新人賞を受賞し、今年は『ちょっと思い出しただけ』『PLAN 75』『ある男』など8本の出演映画が公開。本作で初主演を果たす。

直木賞作家・朝井リョウ原作、映画『少女は卒業しない』(2023年2月23日公開)出演者(左から)小宮山莉渚、河合優実、小野莉奈、中井友望

直木賞作家・朝井リョウ原作、映画『少女は卒業しない』(2023年2月23日公開)出演者(左から)小宮山莉渚、河合優実、小野莉奈、中井友望

写真ページを見る

【写真】その他の写真を見る


 同作は、廃校が決まり、校舎の取り壊しを目前に控えたとある地方高校を舞台に、世界のすべてだった“学校”と“恋”にさよならを告げる4人の少女たちの卒業式までの2日間を描いたもの。

 原作は、『桐島、部活やめるってよ』(09年)でデビューし、『何者』(13年)で直木賞を受賞した朝井氏が、12年に発表していたもの。当時、現役高校生からこれまでに「卒業」を経験した20代以上の大人世代まで多くの共感を呼んだ。青春時代に味わうすべての感情が詰め込まれているような原作の映画化に挑んだ中川監督は、高校生を主人公に描いた短編映画『カランコエの花』が国内映画祭で13冠を受賞して話題に。本作が商業長編映画デビューとなる。原作の持つ瑞々しさと甘酸っぱさをそのままに群像劇へと構成を変え、繊細な少女たちの心の機微を丁寧に描き出す。

 主演の河合が演じるのは、彼氏へのある“想い”を抱えながら卒業生代表の答辞を担当する料理部部長の主人公・山城まなみ。ほかに、将来の夢のために進路の違いで彼氏と離れることを選んだバスケ部の部長・後藤由貴役に小野莉奈。軽音部の部長で同じ部内の中学校からの同級生に恋心を抱く神田杏子役に、『ヤクザと家族 The Family』で主人公の娘役で銀幕デビューした小宮山莉渚。クラスになじめず図書室に通いながら先生に密かな想いを寄せる作田詩織役に、ミスiD出身で2021年には『かそけきサンカヨウ』などに出演した中井友望がキャスティングされている。

 映画初主演にあたり、河合は「肩肘張らずに挑もうとは思いましたが、やはり1番目に名前がくるとなると良いものを作りたいという気持ちがいつも以上にメラメラと燃えはじめたのを最初から感じていました」と、並々ならぬ意気込みで臨み、「ラストカットを残して、皆が出番を終えて現場を去ってゆく体育館で、人知れず泣いてしまったほどです。あの時それぞれの中に映っていた景色が、観てくださる方の胸にもたしかに反射するような映画になっていたらいいなと願っています」と作品への思いを語っている。

>このニュースの流れをチェック

  1. 1. 河合優実、映画初主演 朝井リョウの連作短編小説『少女は卒業しない』映画化
  2. 2. 河合優実主演映画『少女は卒業しない』窪塚愛流、佐藤緋美、宇佐卓真、藤原季節が出演
  3. 3. 河合優実主演、映画『少女は卒業しない』メイキング映像満載の特別番組無料配信

関連写真

  • 直木賞作家・朝井リョウ原作、映画『少女は卒業しない』(2023年2月23日公開)出演者(左から)小宮山莉渚、河合優実、小野莉奈、中井友望
  • 原作:朝井リョウ『少女は卒業しない』(集英社文庫)

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索