ドラマ&映画 カテゴリ

佐津川愛美、17歳の女子高生時代も自ら演じた主演映画『蜜月』公開日決定

 女優の佐津川愛美が主演する映画『蜜月』の公開日が2022年3月25日に決定。本作で母への愛憎に葛藤する17歳の少女から、秘密を抱えながら夫を愛する32歳の女性・美月を巧みに演じる佐津川の姿を見ることができる予告編も解禁となった。

映画『蜜月』(2022年3月25日公開)主人公・美月(佐津川愛美)と義父・靖男(板尾創路) (C)2022「蜜月」製作委員会

映画『蜜月』(2022年3月25日公開)主人公・美月(佐津川愛美)と義父・靖男(板尾創路) (C)2022「蜜月」製作委員会

写真ページを見る

【写真】その他の写真を見る


 本作は、『MOTHER マザー』など、社会的抑圧や差別を題材にした作品を生み出している脚本家・港岳彦によるオリジナル脚本を、榊英雄監督が映画化。懸命に幸せを求めながら壊れていく家族の、愛と再生の物語を描く。陶芸家の美月の夫・哲郎役に永瀬正敏、母・美鈴役に筒井真理子、義父・靖男役に板尾創路、義弟・伊織役に濱田龍臣、伊織の恋人・香澄役に森田想らが出演する。

はしゃぐ母・五十鈴(筒井真理子)と父・靖男(板尾創路)、しらける美月(佐津川愛美)とその様子を気にする伊織(濱田龍臣) (C)2022「蜜月」製作委員会

はしゃぐ母・五十鈴(筒井真理子)と父・靖男(板尾創路)、しらける美月(佐津川愛美)とその様子を気にする伊織(濱田龍臣) (C)2022「蜜月」製作委員会

写真ページを見る

 予告映像は、のどかな田舎にある、陶芸家の夫・哲郎の工房にいる32歳の美月のもとに義弟の伊織が現れ、母の死を告げる。そして、場面は美月が高校生の頃、義父と義弟と暮らし始めた頃に戻り、一見、普通の家族の食事シーンのようにも見えるが…。

 その後、美月と夫の様子を見る母・美鈴のただならぬ視線が、何かが起きていること物語り始め、観る者に胸騒ぎを感じさせる。そこに義弟の恋人・香澄も加わり、スクリーンいっぱいに映し出される一人ひとりの顔は、不穏に満ちている。「一緒に逃げよう」と言う美月は、誰と何から逃げたいのか? この家族の笑顔が真実なのか? 苦悩の表情が真実なのか? 血のつながらない家族のめくるめく人生の物語への興味を誘う。最後に、包み込むようなあたたかさにあふれた哲郎のせりふ、「帰ろう」の一言で、か細い希望を感じさせる。

焼き物工房で過去におびえる美月(佐津川愛美)を抱く哲郎(永瀬正敏)=映画『蜜月』(2022年3月25日公開) (C)2022「蜜月」製作委員会

焼き物工房で過去におびえる美月(佐津川愛美)を抱く哲郎(永瀬正敏)=映画『蜜月』(2022年3月25日公開) (C)2022「蜜月」製作委員会

写真ページを見る

 キャッチコピー「きみの心をひとりぼっちにしておけない」は、永瀬演じる夫・哲郎から美月にかけられた言葉であり、台本にはなかった。撮影中、ふと永瀬が心に浮かんだ言葉を、監督に話したことからうまれたせりふであり、観客の心にも深く響くに違いない。

満開の桜の下、退院した母・五十鈴(筒井真理子)と歩く美月(佐津川愛美)=映画『蜜月』(2022年3月25日公開) (C)2022「蜜月」製作委員会

満開の桜の下、退院した母・五十鈴(筒井真理子)と歩く美月(佐津川愛美)=映画『蜜月』(2022年3月25日公開) (C)2022「蜜月」製作委員会

写真ページを見る

 新規で解禁された場面写真では、はしゃぐ母・五十鈴と父・靖男、しらける美月とその様子を気にする伊織という一家団らんとは言い難い食卓シーン、焼き物工房で過去におびえる美月を抱く哲郎、靖男が「家族はいいなって思ってほしいし、おれも思いたい」と美月に弱音を吐く場面、美月に伊織がどれだけ義母の介護で苦労したかを語る香澄、満開の桜の下を、退院した母・五十鈴を伴って歩く美月の姿を見ることができる。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

>このニュースの流れをチェック

  1. 1. 佐津川愛美、17歳の女子高生時代も自ら演じた主演映画『蜜月』公開日決定
  2. 2. 永瀬正敏、その存在で愛を表現する演技力 映画『蜜月』映像&場面写真
  3. 3. 佐津川愛美が濱田龍臣に強烈ビンタ 映画『蜜月』3人の女優魂さく裂動画解禁

関連写真

  • 映画『蜜月』(2022年3月25日公開)主人公・美月(佐津川愛美)と義父・靖男(板尾創路) (C)2022「蜜月」製作委員会
  • はしゃぐ母・五十鈴(筒井真理子)と父・靖男(板尾創路)、しらける美月(佐津川愛美)とその様子を気にする伊織(濱田龍臣) (C)2022「蜜月」製作委員会
  • 焼き物工房で過去におびえる美月(佐津川愛美)を抱く哲郎(永瀬正敏)=映画『蜜月』(2022年3月25日公開) (C)2022「蜜月」製作委員会
  • 美月に伊織(濱田龍臣)がどれだけ義母の介護で苦労したかを語る恋人の香澄(森田想) (C)2022「蜜月」製作委員会
  • 満開の桜の下、退院した母・五十鈴(筒井真理子)と歩く美月(佐津川愛美)=映画『蜜月』(2022年3月25日公開) (C)2022「蜜月」製作委員会

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索