ドラマ&映画 カテゴリ

宮沢りえ×寺島しのぶ、W主演で初共演 山崎豊子『女系家族』が令和に復活

 1963年に山崎豊子によって書かれた『女系家族』。テレビ朝日系で、この冬に2夜連続の大型ドラマスペシャルとして放送されることが決定した。W主演を務めるのは、宮沢りえ寺島しのぶで、初共演となる実力派女優2人が、令和版『女系家族』に、新たな息吹を吹き込む。

テレビ朝日系ドラマ『女系家族』にW主演する宮沢りえと寺島しのぶ (C)テレビ朝日

テレビ朝日系ドラマ『女系家族』にW主演する宮沢りえと寺島しのぶ (C)テレビ朝日

写真ページを見る

 『女系家族』の舞台は、大阪・船場。四代続く“女系筋”の老舗木綿問屋「矢島商店」の当主・矢島嘉蔵が亡くなり、その莫大な遺産をめぐって、総領娘・藤代を筆頭とした女三姉妹による醜くも、し烈な争いが繰り広げられようとしていた。そこに突然明らかになる当主がひた隠しにしてきた愛人・浜田文乃の存在。遺言状に「なにとぞよしなにお取り計らいを」と記されていたことから、複雑な人間模様の糸が絡まりながら物語が進んでいくことになる。嘉蔵が遺した莫大な遺産を前に行われる三姉妹の壮絶な駆け引き、愛人・文乃が現れたことへの怒りとあせり、人間の欲望と嫉妬が醜く、恐ろしいものなのかを赤裸々なまでに描いた『女系家族』。刊行から約60年の時を経た令和に視聴者にどのように映るのか。

 遺産をめぐり、激しくも静かな戦いが巻き起こる矢島家。そのど真ん中に座するのが、矢島家当主・嘉蔵の愛人、浜田文乃と、嘉蔵の長女で総領娘の藤代という2人の女性。文乃を演じるのは宮沢。そして矢島家の総領娘・藤代を演じるのが、もうひとりのW主演・寺島となる。日本が誇る実力派女優2人が記念すべき初共演という形で顔をそろえたドラマスペシャルとなる。

>このニュースの流れをチェック

  1. 1. 宮沢りえ×寺島しのぶ、W主演で初共演 山崎豊子『女系家族』が令和に復活
  2. 2. テレ朝『女系家族』キャスト解禁 寺島しのぶ&水川あさみ&山本美月が三姉妹に
  3. 3. 『女系家族』矢島嘉蔵役に役所広司 宮沢りえと共演で「本当に素晴らしい女優さん」
  4. 4. 宮沢りえ×寺島しのぶ『女系家族』第一夜 注目シーン先行公開
  5. 6. 宮沢りえ×寺島しのぶ『女系家族』完結編 矢島家の女たちの暴挙に愛人がキレる

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索