ドラマ&映画 カテゴリ

女優の観月ありさが、『劇場版 ルパンの娘』(10月15日公開)に、“もう一人のLの一族”三雲玲役でゲスト出演していることが明らかになった。これまでのLの一族では見慣れない“青”の泥棒スーツに身を包む観月演じる三雲玲が鋭い眼差しでこちらを見つめながら、今にもお宝を盗みだそうとする華麗なビジュアルも解禁。『ナースのお仕事』シリーズをはじめ数々のドラマや映画で主演を務め、4歳から活動を開始し今年で芸能生活40周年、そして歌手デビュー30周年という大きな節目年を迎えた観月は「まさか自分が泥棒スーツを着ることになるとは思いも寄らず、全身ピチピチなので緊張感と若干の恥ずかしさがありました」と、話している。 『ルパンの娘』は、横関大氏の同名小説(講談社文庫)などを原作に、2019年7月期と20年10月期にテレビドラマ化され、ドラマ終了後に映画化が発表された。代々泥棒一家である “Lの一族”の娘・三雲華(深田恭子)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の禁断の恋を描いた人気シリーズ。


オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索