ドラマ&映画 カテゴリ

桑田佳祐監督作品『稲村ジェーン』新スポット映像 ラジオで特集も

 ミュージシャン・桑田佳祐が監督・音楽を担当し、1990年に公開され、大ヒットした映画『稲村ジェーン』。翌年(91年)にレーザーディスク、VHSとして発売されて以降、映画館だけでなくテレビ・インターネットも含めて、現在は観ることがほぼ不可能になってしまっていた伝説の作品が、30年の時を経てBlu-ray&DVD化され、6月25日に発売される。このたび、『稲村ジェーン』の音楽の魅力を詰め込んだ新しいSPOT映像が公開された。

 主題歌である「真夏の果実」、挿入歌の「希望の轍」をはじめ、「忘れられたBIG WAVE」、「愛は花のように(Ole!)」など、この映画が生んだ数々の楽曲にのせて映画の名シーンが展開されていく映像となっており、“伝説の音楽映画”と言われる所以を確かめることができる。主人公の男女による「暑かったけどヨゥ、短かったよナァ、夏。」という一言が、この映画が描く1965年のヒリヒリしたひと夏を象徴する、印象的なせりふとして使用されているのも見どころだ。

 きょう15日(土)、22日(土)、TOKYO FM/JFN系列ラジオ番組『桑田佳祐のやさしい夜遊び』(毎週土曜 後11:00〜)では、2週連続で“稲村ジェーン特集”と題し、制作当時のミュージシャンやプロデューサーを迎えて放送を行うことも発表された。

 桑田が楽曲制作に専念するため、TOKYO FMの朝のワイド番組『Blue Ocean』のパーソナリティーを務める住吉美紀が代行DJを務める。なお、この放送では、映画のサウンドトラックを収録したアルバム『稲村ジェーン』や、桑田のソロアルバム『孤独の太陽』などの楽曲制作に携わり、映画本編にも出演しているギタリストの小倉博和と、映画『稲村ジェーン』を桑田とともに二人三脚で作り上げ、桑田が全幅の信頼を置く敏腕映画プロデューサー・森重晃の2人をゲストに迎え、リスナーの質問に答えながら『稲村ジェーン』の製作秘話を繰り広げる予定だ。これまで語られることのなかった裏話や、小倉によるギター生演奏にもぜひ期待したいところ。

 すでに完全生産限定版の特典として、ダイハツ“ミゼット”1/50スケールミニチュアモデル(稲村ジェーン オリジナルカラーver.)、スペシャルフォトブック、決定稿台本(A5変形サイズ縮刷版)の3点が封入されることが明らかになっているが、完全生産限定版・通常版に共通して収録されるという「特典DISC」の内容は後日、発表される。

■映画『稲村ジェーン』ストーリー

 いつも、なにか、ものたりなかった。若者たちはいつの時代も退屈な日常の中で生きている。

 夏の終わりのある朝、ロングボードをミゼットに積んでヒロシ(加勢大周)が稲村ヶ崎に帰ってきた。ヒロシを待ち受けていたのは、伊勢佐木町のチンピラ、カッチャン(的場浩司)。ボスの骨董壺を横流ししたラテン・バンドのリーダー、マサシ(金山一彦)を追っていると言う。そんな所へ、横須賀の波子(清水美砂)という飛び切りイイ女が現れる。

 奔放で情熱的な小さな台風、波子を中心にヒロシ、マサシ、カッチャンに奇妙な友情が生まれ始めた頃、稲村ヶ崎に台風が近づいていた。

■キャスト
加勢大周 金山一彦 的場浩司 清水美砂
尾美としのり 古本新之輔 泉谷しげる TOMMY SNYDER PANTA
伊武雅刀 下元史朗 伊佐山ひろ子 設楽りさ子 原由子
伊東四朗 草刈正雄

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

PeP0sYQuPbI

>このニュースの流れをチェック

  1. 1. 「真夏の果実」「希望の轍」が生まれた桑田佳祐監督作品『稲村ジェーン』30年ぶりに発売
  2. 2. 桑田佳祐監督作品『稲村ジェーン』新スポット映像 ラジオで特集も
  3. 3. 『ドキュメント・オブ・稲村ジェーン』も復活 特典DISCに収録決定
  4. 4. 『稲村ジェーン』30年の時を経て映画館でよみがえる 茅ヶ崎映画祭ほかで上映
  5. 5. 『稲村ジェーン』のその後をラジオドラマ化 局の垣根を超えて放送決定

関連写真

  • 桑田佳祐 監督作品、伝説の音楽映画『稲村ジェーン』(1990年公開)30年の時を経て、初のBlu-ray&DVD化。新スポット映像より
  • Blu-ray & DVD『稲村ジェーン』6月25日(金)リリース

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索