ドラマ&映画 カテゴリ

芳根京子&永作博美、女性週刊誌の編集&記者役で人生の機微と時代に迫る

 女優の芳根京子永作博美らが出演する連続ドラマ『半径5メートル』(10回)が、NHK総合のドラマ10枠(毎週金曜 後10:00〜10:44)で4月30日から放送されることが明らかになった。芳根は女性週刊誌の若手編集者役、永作は型破りなベテラン記者役で、バディを組み、どんな題材でも「わがごと」として取り上げ、女性読者の琴線に訴えていく。

 世の女性たちが日々感じている違和感や生きづらさ。どうして一人で育児をしているんだろう。どうして知らないおじさんに説教されているんだろう。どうして最近夫とご無沙汰なんだろう…。すごく個人的で、ニュースにもならず、名前もついていないような「半径5メートル」の感情や出来事。それを記事にできるのが女性週刊誌だ。

 このドラマでは、週刊「女性ライフ」を舞台に、毎回ワンテーマ、身近な問題を取り上げ、「取材する側」の個人的事情や「もやもや」も交えて、さまざまな
人間模様を描く。

 編集者・風未香(ふみか/芳根)は、芸能ゴシップを追いかける「一折(いちおり)」班で失態を演じ、生活情報など読者の身近な関心事を掘り下げる「二折(におり)」班に異動となる。そこで出会ったのは、名物ベテラン記者・宝子(たからこ/永作)。「事件」「スクープ」をあわただしく追いかける一折班に比べ、二折班は一見ユルく見え、中でも宝子の取材ぶりは一風変わっていた。

 例えば、スーパーでレトルトおでんを買おうとした主婦が、見知らぬ男性から「おでんぐらい自分で作れ」と怒られたという話題では、宝子はジェンダー論にくみせず、なぜかコンニャク作りを始めるのだ。はじめは何の意味があるのかさっぱりわからない風未香だったが、人とは違うアプローチから見えてくるものに次第に気が付き、宝子をメンターとして成長していく。やがて風未香は、「半径5メートル」のネタから世の中を揺り動かすことに…。

 芳根は「実際に聞いたことのあるような出来事がいろいろと出てくるので私自身とても興味深いです。クスッと笑いながらズシッと感じてもらえたらうれしいです」。永作は「『半径5メートル』狭いようでたっぷり詰まってるこの範囲と、スタッフと共にゆっくりと対峙していけたらと思っています。誰かの何かの手助けになればと祈る気持ちです。でも…きっとそうします。楽しみに待っていて下さい」と意気込みを伝えている。

 脚本は、数々のヒット作を生み16年ぶりのNHKドラマとなる橋部敦子氏。橋部氏は1月期に放送中の『モコミ〜彼女ちょっとヘンだけど〜』(テレビ朝日)の脚本も書き下ろしている。チーフ演出は、映画『しあわせのパン』、『ぶどうのなみだ』『縫い裁つ人』、『幼な子われらに生まれ』などの作品で知られる映画監督・三島有紀子氏。

【作・橋部敦子氏のコメント】
情報があふれかえる時代。
何が正解なのかを探したところで答えは出ません。
人は、正解がないことを知っているから、正解を探そうとするのかもしれません。正解を誰かに教えてもらうのではなく、自分の視点を持ち、自分で考え、自分なりの正解を作り出していくことが必要とされる今、素敵なキャスト、スタッフのみなさんと共に、この物語をお届けできることを、とてもうれしく思います。

【演出・三島有紀子氏のコメント】
 世界はいつも居心地がいい訳じゃない。だから下を向いて歩く。足元の花や小石や水たまりの月を見つけて考える。なぜ、ここにあるのか? なぜ、自分はここにいるのか? なぜ、つらいのか。いくつもの“なぜ”が生まれる。身のまわりの“なぜ”を解き明かすと真実が見える気がする。そして願うのだ。新しい世界へと進む扉を見つけられますように。ストーリーはいつだって、あなたのまわり半径5メートルから生まれる。いつかご一緒に作品を作りたいと願っていた芳根京子さん、永作博美さん、すべての出演者、そしてスタッフと、そんなドラマを届けたいと思う。

【芳根京子のコメント】
 週刊誌の編集者、前田風未香役を演じさせていただきます。その中でも、今回は二折に注目した物語になります。二折とは普段生活をしている中で身近なこと、半径5メートルで起きていることを記事にしていくお仕事です。永作さん演じるベテラン記者の宝子さんとバディを組んで、振り回されながらもどんどん成長する風未香を見守ってください! そして実際に聞いたことのあるような出来事がいろいろと出てくるので私自身とても興味深いです。クスッと笑いながらズシッと感じてもらえたらうれしいです。

【永作博美のコメント】
 生きる事って大変なんだな、と思わずにはいられない今日この頃。運試しのような気分にもさせられます。はてどんな努力が必要なんでしょうかねぇ。力抜いて先に進めるならそうしたい。頭の片隅に長いこと住み着いているモヤモヤをノックする時ですかね。「半径5メートル」狭いようでたっぷり詰まってるこの範囲と、スタッフと共にゆっくりと対峙していけたらと思っています。誰かの何かの手助けになればと祈る気持ちです。でも…きっとそうします。楽しみに待っていて下さい。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索