ドラマ&映画 カテゴリ

【麒麟がくる】本能寺の変の仕掛け人? 池端解説で“松永久秀の罠”を読み解く

NHKで放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)は、10日放送の第40回で「本能寺の変」まであと5年となった。この回で主に描かれたのは、大和の戦国大名・松永久秀(吉田鋼太郎)の最期。本作のメイン脚本家・池端俊策氏は、番組公式ホームページに掲載されたインタビューで「この回は、やがて光秀が本能寺へと向かうきっかけになる回だと思っています。本能寺への導火線に火がついた。そして、それを仕掛けたのは松永久秀なのです」と語っている。

松永は、三好氏の家臣から大和一国の支配を任されるようになり、大和の豪族・筒井...

この記事の画像

  • 大河ドラマ『麒麟がくる』第40回(1月10日放送)より。「平蜘蛛」の茶釜を受け取る明智光秀(長谷川博己)(C)NHK
  • 信貴山城で自害する松永久秀(吉田鋼太郎)(C)NHK
  • 松永久秀(吉田鋼太郎)=大河ドラマ『麒麟がくる』第40回より (C)NHK
  • 明智光秀(長谷川博己)が危惧していたことが現実に (C)NHK
  • 大河ドラマ『麒麟がくる』第40回(1月10日放送)に細川藤孝の嫡男・細川忠興(望月歩)が初登場 (C)NHK
  • 松永久秀(吉田鋼太郎)=大河ドラマ『麒麟がくる』第40回より (C)NHK
  • 大河ドラマ『麒麟がくる』第40回(1月10日放送)より。松永久秀(吉田鋼太郎)が抱えているのが「古天明平蜘蛛(こてんみょうひらぐも)」(C)NHK

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索