ドラマ&映画 カテゴリ

【エール】最終回に志村けんさん登場 偶然撮れていた笑顔の初出しカットは「奇跡」

NHKの連続テレビ小説『エール』(月〜土 前8:00 総合ほか※土曜は1週間の振り返り)は、26日放送の第119回で、多くの名曲を生み出した作曲家・古山裕一(窪田正孝)と妻・音(二階堂ふみ)の夫婦二人三脚の物語が完結。裕一が作曲をはじめるきっかけとなった日本を代表する西洋音楽の作曲家・小山田耕三役で出演し、今年3月に亡くなった志村けんさんの回想シーンと、「子どもみたいにチャーミング」な笑顔のミラーショット(初出し映像)が華を添えた。

第119回は、病に伏す音の療養ため、東京を離れて静かな生活を送って...

この記事の画像

  • 連続テレビ小説『エール』第119回より。志村けんさんの初出しカット(C)NHK
  • 連続テレビ小説『エール』第119回より。小山田からの手紙を読む裕一(窪田正孝)(C)NHK
  • 連続テレビ小説『エール』第119回より。今年10月上旬に豊橋の海で撮影されたラストシーン(C)NHK
  • 連続テレビ小説『エール』第119回より。若い世代へバトンをつなぐ思いを描いた(C)NHK
  • 連続テレビ小説『エール』第119回より。病床の音(二階堂ふみ)に寄り添う裕一(窪田正孝)(C)NHK
  • 連続テレビ小説『エール』第119回より。今年10月上旬に豊橋の海で撮影されたラストシークエンス(C)NHK
  • 『エール』第119回より。志村けんさんの初出しカット(C)NHK

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索