ドラマ&映画 カテゴリ

是枝裕和監督、初の韓国映画を演出 ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、ペ・ドゥナをキャスティング

 是枝裕和監督の新作映画『ブローカー(仮)』の製作が発表された。この映画は自身初の韓国映画となり、『パラサイト 半地下の家族』に出演のソン・ガンホ、『義兄弟 SECRET REUNION』(2010年)でソン・ガンホと共演したカン・ドンウォン、そして是枝監督の『空気人形』(09年)に出演したぺ・ドゥナら、韓国映画を代表する3人を起用することも明らかになった。

 毎作品、現実と密接した主題意識をもとに、さまざまな人物の物語を鋭い洞察力と温かい視線で描いてきた是枝監督。カンヌ映画祭コンペティション部門に5回招待され『そして父になる』(13年)では審査委員賞を、『万引き家族』(18年)では最高賞のパルムドールを受賞している。フランス語と英語で演出した最新作『真実』(19年)で作品の世界を広げている是枝監督が次に挑むのは、長年温めてきた韓国映画だった。

 『ブローカー(仮)』は、子どもを育てられない人が匿名で赤ちゃんを置いていくことができるように用意された“ベビーボックス”を巡って出会った人たちを描く物語。現在、シナリオを準備している段階で、2021年にクランクインする予定だ。

 是枝監督は「3人の俳優はもとより、今回は尊敬する韓国のキャスト、スタッフの皆さんの胸を借りる気持ちで撮影に臨みます。頭の中で3人の名優を動かしながら、今脚本を書いているところで、僕自身が多分一番ワクワクしております。このワクワクを皆さんに共有していただけるような、スリリングで、ヒリヒリする、それでいて切ない映画にしたいと思っています」と、コメントを寄せている。

 同作の製作は『#生きている』(原題)、『最も普通の恋愛』、『国家が破産する日』、『MASTER/マスター』、『プリースト〜悪魔を葬る者』などを制作した韓国の映画社ジップが手がけ、配給はCJ ENMが行う。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索