ドラマ&映画 カテゴリ

Snow Man深澤辰哉、テレ東ドラマ初出演 『記憶捜査』風間俊介と共演

 テレビ東京系で7月27日(後9:00〜)、ドラマスペシャル『記憶捜査〜新宿東署事件ファイル〜』の放送が決定した。金曜8時のドラマ枠で2019年1月から全7話にわたって放送され、北大路欣也が主演を務めた刑事ドラマが、スペシャル版で帰ってくる。連ドラ時のレギュラーキャストに新たに加わる深澤辰哉Snow Man)が、同局のドラマ初出演を果たす。

 北大路が演じる鬼塚一路は、定年退職後、新宿東署刑事課司法係長として再任用された敏腕刑事。車椅子生活を送っているが、人並み外れた土地勘を頼りに、詳細に記憶した「昭和」と「平成」二つの時代の街のイメージを呼び起こし、難事件を解決していく。

 脚本は、レギュラー放送時も担当し、「科捜研の女」「相棒」シリーズを代表とした重厚な物語を紡ぐことでサスペンスファンから絶大な人気を誇る、櫻井武晴氏が手掛けた。

 新キャストの深澤が演じるのは、刑事官・神啓太郎(風間)に敵対するキャリア管理官・橘修平。神とはキャリア組として先輩後輩の間柄だが、 たびたび捜査方針をめぐりぶつかり合うことになる。今年、SixTONESと同時CDデビューを果たし、売り上げ100万枚を超える大ヒットで一気に大ブレークしたSnow Man。その最年長メンバーであり、まとめ役としてもグルー プから絶大なる信頼を受けている深澤が、新たな一面が見られそうだ。

■深澤辰哉(Snow Man)のコメント

 正直、すごく緊張しました。やはり周りの方々がすごい方々ばかりで、なおか
つ事務所の先輩の風間くんが出ているということで、絶対噛んではいけない間違えてはいけないというプレッシャーもあり、そんな皆さんの中で釣り合うというか、ちゃんとお芝居としてできるかな?という不安はありました。

 北大路欣也さんと共演させていただいて、もちろん僕がお芝居とかそういうことは言えないんですが、お芝居している時の近寄れないぐらいのオーラがありました。その一方で休憩の時に取材が入った際に、一番最初に立ち上がられて、相手の方に椅子を差し出してらっしゃる姿が印象的でした。「北大路さんがこういうことまでしてくださるんだ」と どんなにすごい方でも周りに気を配られている姿勢を見て、今後僕も「これだけは忘れないようにしよう!」と感じました。

 風間くんにはアドバイスをもらったり、緊張しているのが伝わってしまったのか。ほぐすような感じで話しかけてもらったりして、すごくやりやすくて、勉強に
なったなと思います。僕は役柄的にも年齢が下の方で、実際ももちろん下の方
そんな僕が大先輩である出演者の皆さんに指示を出したり、お芝居とはいえ、すごい画になっていると思いますので、たくさんの方々に見ていただきたい
なと思います。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索