ドラマ&映画 カテゴリ

永山瑛太&永山絢斗、兄弟初共演「最初は照れた」「芝居は楽しい」

 NHK総合で30日に放送されるリモートドラマ『Living』の第2話に出演する永山瑛太永山絢斗から、収録を終えて兄弟で共演した感想やリモートドラマの面白さについて語ったコメントが到着した。

 同ドラマは、『東京ラブストーリー』『最高の離婚』『anone』『カルテット』など多数の名作を世に送り出してきた、坂元裕二氏の書き下ろし脚本。瑛太&絢斗兄弟のほか、広瀬アリス広瀬すず中尾明慶仲里依紗青木崇高優香(声)ら、姉妹・兄弟・夫婦として日常を共にする俳優陣が参加。とある奇才・小説家の想像の世界として描かれる4つの家庭の物語を、15分×4本のオムニバスでつむぐ。全話を通して、作家役で阿部サダヲ、ドングリ役で壇蜜(声)が出演する。

■第2話(30日 後11:45〜深0:00)
 キッチンで仲良く料理をする兄弟。彼らの仕事は“過去にはやった料理”を作ることだった。そんなある日、彼らのもとに1通の通知が届き…。

――収録を終えて、共演の感想?

【瑛太】兄弟だからといって特に意識することなくやれました。いろいろなことを少しずつ微調整しながら、キャラクターはこうだよねっていうディスカッションをしつつ、リハーサルの過程では監督がいなかったので、あんまり決めすぎないように、2人で作りながらも余白を残して楽しんでいったっていう感じです。

【絢斗】初めて兄貴と共演したので最初は照れましたけど、それはすぐになくなりましたね。せりふの量が多いので、買い物行くときも台本を手放せなかったですし、寝る時も枕元に置いて朝起きてもお風呂の中でもトイレの中でもせりふのことで頭グルグルしてました。無事に終わってよかったです(笑)

――リモートドラマの面白さは?

【瑛太】画面越しに監督とディスカッションをしながら進めたのですが、リモートで打ち合わせや衣装合わせを重ねていくうちに、お会いはしてないけれど信頼感が結ばれていくという感覚がすごく新鮮でした。今、こんな大変な状況の中だけれど、やっぱりお芝居をするのは楽しいなということを感じました。

【絢斗】視覚から入ってくる情報も、場所も、普段の撮影と違うなって思いましたし、スタッフさんが周りにいないっていうのもやっぱり不思議でした。でも、スタッフの方たちと、何分割かで見てる(リモート打ち合わせの)画面の中でお会いするというのは新鮮で良かったです。

――見どころは?

【瑛太】兄弟姉妹夫婦という、実際の関係性が濃い2人がお芝居をするので、その2人の関係性を見るという面白さはあると思います。それと、坂元さんの本が素晴らしいので、本当に見ていただきたいです。

【絢斗】僕も同じです。3話・4話の内容はまだ知らないので、そこは視聴者として楽しみにしている部分もありますが、撮影が楽しかったので、ちょっと今終わってしまって寂しいです。

関連写真

  • リモートドラマ『Living』第2話(5月30日放送)に出演する永山瑛太、永山絢斗(C)NHK
  • キッチンで仲良く料理をする兄弟の姿が微笑ましい(C)NHK

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索