ドラマ&映画 カテゴリ

真矢ミキ、石原さとみの上司役に起用「いとおしきズルさを出していきたい」

 女優の真矢ミキが、4月9日スタートの石原さとみ主演によるフジテレビ系連続ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(毎週木曜 後10:00)に出演することがわかった。舞台となる萬津(よろづ)総合病院薬剤部の部長で、石原演じる主人公・葵みどりの上司・販田聡子(はんだ・さとこ)を務める。真矢は「販田は一ひねりどころか、二ひねりも三ひねりもあるので、体操選手だったらきっとカッコイイ着地を決められるんじゃないでしょうか(笑)。いとおしきズルさを出していきたいですね」と展望する。このほか、でんでん池田鉄洋迫田孝也らも物語の脇を固める。

 聡子は部下に気を遣う上司として、新人の相原くるみ(西野七瀬)に対しても細心の注意を払って優しく接するなど、ハラスメントに敏感な現代を象徴する上司像を持つ。一方で、ただ単に優しいだけではなく、ある種のズルさや計算高さも垣間見える。真矢自身も「今の時代を象徴するような、組織の中間ポジションに位置する女性」とたとえ、「販田と同世代の方には、“上司だってズルさがなければ生き抜けない”という人間くさい部分は共感していただけると思いますし、その内面が視聴者の方に伝わればうれしいです」とアピールする。 

 主演の石原の印象については「石原さんがまだ10代の頃、CMの現場で初めてお会いました。演技でご一緒するのは今回が初めてです。当時はオンオフのない、天真爛漫な子。先日、別の番組でお会いしたとき、『真矢さーん!』って明るく話しかけてくれて、その気さくな雰囲気はあの頃と全く変わっていなかったですね。いつもビタミンを発射しているような方で、さりげない気遣いが好きです」と癒やされているよう。

 演技についても「彼女はキャラクターの嫌な部分や、かすかな影の部分もちゃんと表現できる俳優。だからこそ演技に振り幅も生まれると思うし、彼女の表現が私は大好きです。今回の役も彼女にぴったりだと思いますね」と絶賛している。

 また、でんでんが演じるのは“調剤の魔術師”という異名を持つベテラン薬剤師の荒神寛治(あらがみ・かんじ)。医薬品情報を専門的に管理するドラッグインフォメーション室(通称:DI室)の責任者だ。ひょうひょうとした物腰の柔らかい雰囲気で、たとえどんなに厄介な患者でも荒神を前にすれば不思議とクールダウンしてしまう。一体、どんな“魔術”を使って患者の気持ちを落ち着かせているのか…。

 池田が演じるのは、薬剤部副部長の七尾拓(ななお・たく)。薬剤部メンバーの中で独特な空気感を漂わせる不気味な男。治験管理を担当する七尾は、薬の開発の臨床試験で実績を上げており、その優秀さゆえに他のメンバーとは一線を画した“治外法権”の立場にいる。薬剤部の“ワンチーム”を描く今作だが、七尾はみどりたちの味方なのか、それとも…。石原とは法医学ミステリードラマ『アンナチュラル』(18年、TBS)以来の共演となる。

 迫田が演じるのは中華料理店・娘娘亭(にゃんにゃんてい)の店主、辰川秀三(たつかわ・しゅうぞう)。辰川は萬津総合病院では“待たせると激ギレする”と有名な外来患者。辰川の扱いには薬剤部メンバーの誰もが手を焼いている。みどりは客としてたびたび来店しており、謎の青年、小野塚綾(清原翔)と出会うのも娘娘亭。ここでの団らんが、普段仕事で気を張っているみどりたちにとって、ほっと一息つける癒やしの時間となる。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索