アニメ&ゲーム カテゴリ

コスプレからも感じ取れる“造形へのこだわり” 『ワンフェス』参加の意義とは?

 “世界最大規模のガレージキットの祭典”として知られ、毎回大勢のサブカルファンが駆けつける大型イベント『ワンダーフェスティバル(略称:ワンフェス)』。その最新回に当たる『ワンフェス2020[冬]』が9日、幕張メッセで開催された。当日の盛り上がりをレポート形式で振り返りながら、会場を彩った魅力的なコスプレイヤーたちも併せて紹介する。

 『ワンフェス』とは、プロ・アマを問わず、誰でも造形物を出展・販売できる大型イベントで、1984年にプレイベントが初開催(1992年より海洋堂が主催を引き継ぐことに)。航空機、戦艦、鉄道車両などの模型をはじめ、特撮ヒーローやアニメヒロインのフィギュア、1/1サイズで再現されたアニメ、ゲームキャラクターの装飾品など、出展される商品は多岐にわたり、近年では大手企業も多数参加。入場者数は毎回、5万人を超える盛況ぶりで、ここでしか買えない限定グッズの販売や、人気声優によるトークステージなどを目当てに参加する来場者も多い。

 今回の『ワンフェス2020[冬]』も、開場早々、ホール内には大勢のサブカルファンが殺到。いずれのブースにも大規模な人だかりができ、大盛り上がりとなっていた。ちなみに、展示物のなかには『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』のエヴァンゲリオン初号機や、『Re:ゼロから始める異世界生活』に登場するレムの立像など、ファンにはたまらないアイテムもずらりと並び、立ち止まってそれらの写真を撮る参加者の姿が各ブースで見られた。

 また、会場を彩るコスプレイヤーたちも見どころのひとつ。各ブースでノベルティの配布や、フォトセッションに応対する公式コスプレイヤーはもちろん、一般参加のレイヤーも大勢参加していて、彼女たちを撮影するための列や囲みが各所に出来ていたのも印象的だった。

 衣装の出来栄えを見てみると、『ワンフェス』の理念に則ってか、造形にこだわったコスチュームで参加していたレイヤーが多く、『アリス・ギア・アイギス』の兼志谷シタラに扮するももさんは、造形レイヤーのツカスさんとタッグを組んで参加。「もともと好きなキャラクターだったんですけど、私だけだと、こんなに凝った衣装は用意できないので…。武器も含めて、すごくかっこよく作ってもらえて、本当に嬉しいです」(ももさん)といった、率直な感想も聞かせてもらえた。

 一方のツカスさんに、『ワンフェス』というイベントの魅力を聞いてみると、「全国各地でさまざまなコスプレイベントが開催されていますが、『ワンフェス』は特に“コスプレ造形”にこだわったレイヤーさんが多く参加するので、そういった方たちと交流できるのが楽しいですね」とのこと。さらに続けて「お互いに情報を交換して、技術を高め合って。そうして次のイベントで、それぞれクオリティのアップした衣装を着て再会する…というのが、今では僕自身の生き甲斐になっています!」という、熱い思いも語ってくれた。

取材・文=ソムタム田井

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

オリコントピックス

 を検索