ドラマ&映画 カテゴリ

宮原健斗、ホラー映画鑑賞で「試合より疲れた」 師匠・佐々木健介と「対峙するほどの怖さ」

 プロレスラーの宮原健斗が8日、都内で行われた映画『犬鳴村』(2月7日公開)全日本プロレス取材会見に出席。会見前に映画を鑑賞した宮原は「本当に脇汗びっちょり。試合より疲れましたね。それくらい緊張感がありました」と語り、3冠ヘビー級チャンピオンも映画の怖さに驚いていた。

【写真】その他の写真を見る


 映画の舞台は、日本に実在する福岡県内の心霊スポットとして知られている「犬鳴村」。数々の恐怖体験が語られる“最凶”スポットを映画化するにあたり、“最恐”の男たちが集う全日本プロレスが製作委員会に参加した。全日本プロレスが映画とタッグを組むのは初めてで、今後は本作のPR活動などを行っていく。

 自身の出身地が映画の舞台から車で1時間ほどしか離れていないという宮原は「地元では非常に有名で、小さい頃から行くのを避けていた。遠回りしてあえて通らない人もいる。地元の人達からすると、リアルとファンタジーが混じり合った場所」と興奮気味に語った。

 また、ホラー映画にちなみ、恐怖体験を問われた宮原は「リング上で師匠の佐々木健介さんと向き合った時。プロレスラーは師匠には頭が上がらない。(本作は)それに匹敵する怖さだった」とプロレスラーらしい例えで感想を語った。

 会見にはそのほか、プロレスラーのブラックめんそ〜れ、大森北斗、青柳亮生、田村男児と、全日本プロレスの福田剛紀社長が出席した。

関連写真

  • ホラー映画鑑賞で「試合より疲れた」と語った宮原健斗 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『犬鳴村』全日本プロレス取材会見に出席した(左から)大森北斗、ブラックめんそ〜れ、宮原健斗、青柳亮生、田村男児 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『犬鳴村』全日本プロレス取材会見に出席した大森北斗 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『犬鳴村』全日本プロレス取材会見に出席した田村男児 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『犬鳴村』全日本プロレス取材会見に出席したブラックめんそ〜れ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『犬鳴村』全日本プロレス取材会見に出席した青柳亮生 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索