• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 鈴村健一&坂本真綾、結婚後ラジオ初共演の4日間を振り返る 家庭でのエピソードが続々

鈴村健一&坂本真綾、結婚後ラジオ初共演の4日間を振り返る 家庭でのエピソードが続々

 声優の坂本真綾が、夫で声優の鈴村健一とハードキャッスルエリザベスがパーソナリティーを務めるTOKYO FMとJFN全国38局で放送中のラジオ番組『ONE MORNING』(月〜金 前6:00〜9:00 ※一部東京ローカル)に、9日から12日の4日間にわたって出演。結婚後、夫婦そろってラジオ初共演となったが、さまざまなエピソードが飛び出した。

【写真】その他の写真を見る


 5日放送の同番組内で、坂本の出演が発表されると、鈴村は「そうなんですよ。ザベさん(エリザベス)初めましてだもんね。ラジオでしゃべったことは、結婚してからはないね」と告白。「緊張するわ。何を話せばいいのか。ザベさんにかかっているからね。何も動かなくなるから」と語ると、エリザベスが「リスナーのみなさまには申し訳ないですが、私が目の前で楽しませていただきます。みんなで幸せな気持ちに浸りましょう」と呼びかけていた。

 そんな中、迎えた初日。坂本が「私もリスナーで、6時に起きられないときもありますけれども、だいたい朝6時に起きてラジオをつけるっていうようにしています」と明かした上で“鈴村家の朝の流儀”について「朝、会わないっていう」ときっぱり。鈴村が「そう。会えないもん。こっそり出て行かないと、起こしちゃ悪いからさ」と明るいトーンで話すと、坂本も「なんか気配で『あ、起きたな』って思った時は『いっでらっしゃい〜』ぐらいは言うようにしますけど」とほほえましいやりとりを公開。その後は、先月27日にリリースされた坂本のニューアルバム『今日だけの音楽』などの話題で盛り上がった。

■5ヶ月間の銭湯&コインランドリー生活 坂本真綾のツッコミさく裂

 2日目からは、各日「坂本真綾的ヒット ベスト3」をひとつずつ発表。第3位は「銭湯」で、坂本は「我が家の2019年の大事件その1が、約5ヶ月間にわたり、我が家のお風呂が壊れて入れなかったんです」と回顧。「私、銭湯初めてだったんですけど、意外にけっこうあるんだなって初めて知ったし、個性があるのもわかった。毎日、どこに銭湯があるか検索をして、仕事帰りに寄るというルーティンができていました。飲み会に行っても『すみません、自分風呂があるんで』って。寒い中行くのは大変だったりしたんですけど、銭湯の文化を体験できたのはよかった」とかみしめるように語った。

 鈴村が「もはや神田川の世界。帰り道、濡れた髪を…」と語ると、坂本はすかさず「濡れてないわ。乾かしたわ!」とツッコミを入れる一幕も。「だんだん恥じらいもなくなってきました。(直ってからは)『お風呂があるってステキ』って思ったんですけど、最近また銭湯行きたいなっていう気持ちになってきました」という坂本に、エリザベスが「お2人を見たいなっていう気持ちあるんですけど」と向けるも、坂本は「そっとしておいてください、全裸なんで」と笑わせた。

 第2位はコインランドリーで、坂本は「これも、ちょっと銭湯と関係あるんですけど、お風呂が壊れたと同時に洗濯機も使えなかったんです。同じ配管のところに関係しておりまして、そのためにコインランドリーに通う5ヶ月でした」と紹介。「これもけっこう大変だったんですけど、コインランドリー事情が変わってきているんですよね。カフェが併設されていたり、Wi-Fiがあったり、柔軟剤が置いてあったり…。コインランドリーも初めてで、こんなにフワッフワに乾くんですかって」と声を弾ませると、鈴村も「けっこう楽しかった。一緒に朝イチに行って、近くのカフェで乾くまで待って、なかなかよかった」と仲睦まじい一面をかいま見せた。

■坂本真綾が語る鈴村健一の”男気” 夫婦共演に充実感も

 第1位が「鈴村健一の男気」であることが明かされると、鈴村が「なにそれ、そんなの想像できないじゃん」と驚き。「大変だったこともあったのよ。愛犬とのお別れとかもあったから。いろいろあるなと…」と続けると、坂本が「まさに我が家での一番の出来事はそれなんですよ。愛犬とのお別れが今年のはじめにあって。正直、鈴村さんが独身時代から飼っていたワンちゃんで、私は結婚してからで、成犬になってから出会っているんですけど、長生きしてくれたので悲しいっていう話をしたいわけじゃなくて…」と切り出した。

 「亡くなった時に、私の方が悲しんじゃって、鈴村さんが悲しむ暇を与えなかったことをすごい反省しているんですね。でも、すごくて。お葬式の後にすぐ家に帰って、今まで使っていた老犬の介護のグッズ、余っているご飯などをしかるべきところに寄付する作業をやり、そして、2日後にはステージに立ってライブで歌っていた。その時に、愛犬を思って歌った歌があって。それがセットリストに入っていんですよね。私だったら外すんですよ。でも、それをちゃんと歌っていて…ごめんなさい。その時、私のほうが悲しんじゃっているのに、こんなにしっかり自分の娘たちを送って偉いなと思って。こういう時に人柄って出るなと思って尊敬しました」

 坂本の話を聞いていた鈴村は「1月2日に亡くなったんですよね。僕は5日にライブだったので、本当に直前だったけどね、今まで本当にいろんなものをくれていた子たちだったので。それをちゃんと受け止めようということは感じましたね」と回顧。坂本は「なんか、よく、みなさん『おしどり夫婦』とか持ち上げてくださるけど、どんな夫婦でも365日ずっと仲睦まじいわけじゃないと思うんですよ。やっぱり、1年に1回でも2回でも『この人のこういうところを尊敬できるな』とか『この人すごいな』って思えたら、あとの364日くらいまぁまぁでも、それでいいと思うんですよね」と持論を展開した。

 坂本は続けて「世の中って、夫婦仲良くないといけないってプレッシャーに思う人もいると思うんだけど、そういうことおかしいし、ウチだって険悪になることがあって、今度出た時に話しますけど、今年初めてプチ家出したんですよ。それをこの間話したら、鈴村さん忘れていて、覚えてもいないんですよ」とぶっちゃけ。「普段、なつかしい話ばっかりをしちゃう、ノスタルジックおじさんですけど、時々見せる、根底にあるものすごい強さがあって、頼りになるなと改めて思った2019年でした」と率直な思いを打ち明けた。

 その上で、坂本は夫婦としての来年の目標について「健康で、そして、『ONE MORNING』が始まって、いろんなことを得ていると思うので、みなさんと一緒に成長していただきたいと。私も陰ながらサポートしていきたいと思っております」と宣言。鈴村が「いい経験になりました。ラジオっていう場で、夫婦で話すっていうのは、普段と違うっていうのもあったけど、でも普段話していることと近しいこともしゃべられるということもわかったし、楽しいなとも思ったし、山下達郎さんの気持ちがちょっとわかった」と話すと、坂本は「いやいや、恐れ多い」とツッコむなど、最後まで聞き応え満載の内容となっていた。

 坂本の出演パートは、月曜のみ8時30分すぎ、火曜から木曜は6時30分すぎ。番組は「radiko」タイムフリーで1週間以内なら無料で聞くことが可能となっている。

関連写真

  • 鈴村健一 (C)ORICON NewS inc.
  • ラジオ番組『ONE MORNING』にゲスト出演した坂本真綾

オリコントピックス

 を検索