ドラマ&映画 カテゴリ

吉永小百合は”日本映画界の象徴” 出演作121本「自身を常に進化させている」

■「Film makers(映画と人 これまで、そして、これから)」第22回 犬童一心監督

日本映画界の歴史に燦然と輝く功績を残し続けている女優・吉永小百合。自身121本目の出演となる映画『最高の人生の見つけ方』が公開を迎える。メガホンをとったのは、映画『ジョゼと虎と魚たち』や『死に花』、『ゼロの焦点』、『引っ越し大名』などエンタメから作家性の強い作品まで幅広いジャンルの作品を手掛けてきた犬童一心監督だ...

この記事の画像

  • 映画『最高の人生の見つけ方』メインビジュアル(C)2019「最高の人生の見つけ方」製作委員会
  • 映画『最高の人生の見つけ方』のメガホンをとった犬童一心監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『最高の人生の見つけ方』場面カット(C)2019「最高の人生の見つけ方」製作委員会
  • 映画『最高の人生の見つけ方』場面カット(C)2019「最高の人生の見つけ方」製作委員会
  • 映画『最高の人生の見つけ方』場面カット(C)2019「最高の人生の見つけ方」製作委員会
  • 映画『最高の人生の見つけ方』場面カット(C)2019「最高の人生の見つけ方」製作委員会

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索